函館駅から電車とバスで世界文化遺産登録の大船遺跡と垣ノ島遺跡へ

道南
スポンサーリンク

2021年7月27日にユネスコの世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」に、函館市にある史跡大船遺跡と史跡垣ノ島遺跡も含まれています。

大船遺跡も垣ノ島遺跡も縄文時代の集落跡で、2つの史跡は5キロほど離れていますが、電車と函館バスの99系統などで行くことができますので、正解文化遺産登録を機会に函館周辺観光スポットとして新たに注目されていますので、訪れてみてはいかがですか?

2021年7月世界文化遺産の函館の遺跡群

アクセス

電車・バス

鹿部駅ルート

最寄り駅

JR函館本線(海線)・鹿部駅で下車します。

函館駅から海線ルート直通で約1時間15分・970円ですが、本数が少ないので山線ルートで森駅まで行き、海線に乗り換えて鹿部駅へ行くこともでき、約2時間30分・1,670円です。

路線バス

史跡大船遺跡へ

鹿部駅前から函館バス222系統で「道の駅しかべ間歇泉公園」下車して、99・223・225系統に乗り換えて「大船小学校前」下車して、徒歩7分・500mほどで史跡大船遺跡に行くことができます。

バス乗車時間は鹿部駅から道の駅しかべ間歇泉公園まで、約20分・460円で、道の駅しかべ間歇泉公園から大船小学校前までは約20分・570円です。

史跡垣ノ島遺跡へ

乗車するバスは同じなのですが下車するバス停が異なり、大船小学校前で下車しないで、8個先のバス停「垣ノ島遺跡下」バス停で下車して、徒歩5分・400mほどで史跡垣ノ島遺跡へ行くことができます。

道の駅しかべ間歇泉公園から垣ノ島遺跡下バス停まで、約28分・710円です。

函館駅ルート

函館駅前6番バス乗り場から函館バス99系統「椴法華支所前」行きで、途中の「南茅部支所前」で接続する「鹿部出張所」行バスに乗り換えて、大船遺跡と垣ノ島遺跡へ行くことができます。

函館駅前から垣ノ島遺跡下バス停まで約1時間30分・1,290円、大船小学校前バス停までは約1時間40分・1,430円です。

「はこだて旅するパスポート」利用ならば、フリーエリア内なので追加費用無しで行くことができますので、行かなきゃ損ですよ!

マイカー・レンタカー利用

函館空港から国道278号線を通り30約㎞・45分程で世界遺産「史跡大船遺跡」「史跡垣ノ島遺跡」へ行くことができます。

また、年間通して販売されているわけではないのですが、NEXCO東日本ではETC専用の高速道路版フリーパスを期間限定で販売していますので、お出かけ前には要チェックです。

駐車場

大船遺跡管理棟や函館市縄文文化交流センター(垣ノ島遺跡)の駐車場が無料で利用できます。

住所北海道函館市大船町575-1
北海道函館市臼尻町551-1
営業時間9:00~17:00
料金大船遺跡管理棟は無料
函館市縄文文化交流センターは300円
公式サイト函館市縄文文化交流センター
駅からバス函館駅・鹿部駅からバス利用可

世界遺産 世界遺産「史跡大船遺跡」「史跡垣ノ島遺跡」へ行くならば、同じ函館北部エリアにある観光スポットへ訪れてみませんか?

世界遺産登録によるアクセス改善について

世界文化遺産に登録された2021年7月27日現在の時刻ダイヤからは、平日に大船遺跡と垣ノ島遺跡をマイカーやレンタカーを使わずに電車と路線バスで一緒に訪れるには、時刻表とにらめっこしてルートを導き出すしかありません。

せっかく2日間使えるフリーパス「はこだて旅するパスポート」のフリーエリアに含まれている世界遺産なので、有効活用したいと思いますよね。

今後のアクセス改善を期待して、現在の時刻表を元にルートを調べています。

駅・バス停時刻路線
函館駅05:49発JR函館本線
森駅07:43着
07:58発
JR函館本線
鹿部駅08:33着
鹿部駅前08:38発函館バス
道の駅しかべ間歇泉公園08:58着
11:00発
函館バス
大船遺跡11:19着
13:34発
函館バス
垣ノ島遺跡13:42着
15:56発
函館バス
南茅部支所前16:09着
接続乗換
函館バス
函館駅前17:27着

平日にこのルートならば、函館北部エリアの観光スポット「しかべ間歇泉」・「大船遺跡」・「垣ノ島遺跡」の3つを観光することができます。

その他の道南観光エリアへ

函館は北海道の道南エリアの中心ですが、道南エリアと言えば松前半島を指す事が多いのですが、ぐるっと回ろうとするとなんと300㎞もありますので、東京から新潟までの距離になるのでとても1日じゃ無理です。

レンタカーならば強行スケジュールも可能ですが、鉄道やバスのフリーパスを使う事を考えて交通の利便性に合わせて、函館から北へ行く「大沼公園エリア」、函館から西へ行く「木古内・松前エリア」、さらに北西へ行く「江差エリア」の3つに分けて訪れることができますよ。

函館市内エリア

初めての函館観光ならば函館駅中心に10㎞圏内に観光スポットが集まっているので、まずは基本の函館市内観光スポットをまとめています。

木古内・知内・松前エリア

函館から西へ30分~3時間ほどで行くことができ「はこだて旅するパスポート」や「江差・松前周遊フリーパス」のフリーエリアとなっている函館周辺の観光スポットをご紹介します。

江差・上ノ国・乙部エリア

函館から北西へ1時間30分、松前から北へ1時間40分ほどで行くことができ「江差・松前周遊フリーパス」のフリーエリアになっている函館観光スポットをご紹介します。

スポンサーリンク
道南
スポンサーリンク



とりっぷぼうるをフォローする
とりっぷぼうる