多古町の日本寺にひっそりと藤棚が見られる穴場スポットへ

千葉多古町日本寺の藤棚

藤の花が見頃になる4月下旬~GW期間中に藤の花まつりはありません。

千葉県多古町のあじさい寺で有名な「日本寺」の本堂の前に藤の花を見ることができます。

あじさいのシーズンは多くの人が「あじさい遊歩道」を目的に訪れていますが、藤の花までは知られていないようで、誰もいなくて独占状態できますので訪れてみてはいかがですか?

目次

日本寺の藤棚

千葉多古町日本寺藤の花

あじさいのシーズンに訪れた時に藤棚もある事を知ったので、匝瑳市の木積の藤と銚子市の臥龍の藤を見に行く途中に立ち寄りました。

あじさいの時期は駐車場入り口から車道の両側があじさいで綺麗に咲いているのを見ることができるのですが、藤の花の時期は当然ながらなにも咲いていません。

藤棚も本堂の横にひっそりと咲いているだけでしたので、あっという間に見終わってしまいました。

多古町日本寺滞在時間

訪れたのは平日の2021年4月22日9:00頃に訪れ、藤の花が綺麗に咲いていましたが特に並ぶことも無く多古町日本寺滞在時間は10分でした。

おススメ度
ガッカリ
1
2
3
4
5
おススメ
波乗りアヒル

個人的なおススメ度は、想像とは異なりガッカリです。
あじさいの密集度が素晴らしく、藤棚も期待していたのですがひっそりとしすぎて見ごたえはありませんでした。

アクセス(電車・バス)

【最寄り駅】JR成田線/京成本線・成田空港駅

東京駅から総武快速線でJR成田空港駅へ約1時間30分・1,340円で行くことができますが、料金が高くて遠回りで時間もかかるのでおススメしません。

京成本線利用ならば、日暮里駅から約1時間10分・1,050円が安く行くことができ、成田スカイアクセス線ルートならば約1時間・1,270円と一番早く行くことができます。

さらに、京成スカイライナーを利用すれば特急料金を加えて2,520円かかりますが、36分で成田空港に行くことができます。

【路線バス】ジェイアール関東バス・南中バス停

成田空港第2ビルの1階バスターミナル13番のりばで「多古-成田空港第2ターミナルビル・シャトルバス」に乗車し、終点「道の駅多古」バス停で下車するルートで約25分・300円(子供150円)です。

道の駅多古には「あじさい公園」があり、あじさい祭りのメイン会場でもありますが、日本寺のあじさいはへ行くには、ここから徒歩25分です。

または、JR成田駅から八日市場駅まで行く、ジェイアール関東バスの路線バスが運行されていて日本寺最寄り「南中」バス停まで行くことができ、徒歩3分で日本寺まで行くことができます。

ただ、運行本数が少なく8時以降5本(12:24・14:44・15:29・16:29・17:29)しか運行されていません。

ちなみに多古町のコミュニティーバスも運行されていますが、近くは通りません。

成田空港駅へJR利用ならば「休日おでかけパス」のエリア内なので、片道1,340円以上かかるならば利用すればお得になります。

アクセス(マイカー・レンタカー)

東京駅から首都高向島線・小松川線を通り、東関東自動車道・新空港IC下車して国道296号線を通るルートで、東京から約80㎞・1時間30分程・高速代2,300円程で、多古町の日本寺へ行くことができます。

駐車場

日本寺の駐車場が無料で利用できます。

住所千葉県香取郡多古町南中1820-1
営業時間24時間自由
入場料金無料
公式サイト正東山日本寺(Facebook)
駅からバス成田空港第2ビル駅からバス路線利用可
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる