スポンサーリンク

関東で藤の花が見られる場所や名所

藤の花旅の器
2019年5月撮影

4月下旬から5月上旬というGWの時期に見頃となる藤の花。淡い紫色やホワイト・ピンクと綺麗な花が咲き、過ごしやすい気候になっているので綺麗な藤の花を見に出かけたくなりますよね。

ただ世の中休みとなるGWなので、関東の藤の花の名所といえば「あしかがフラワーパーク」が世界的にも有名ですが、園内を歩くのもやっとの大混雑していますし、入園料も1,800円(2019年GW期間料金)と決して安いとは言えないですよね。

そこで、規模は小さくても少しでも人が少なくて入園料も安く済みような場所を探してみると、規模の大小はありますが、藤の花が見られる場所ってあるので行ってみました。

スポンサーリンク

栃木県で藤の花が見られる名所・場所

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパークのライトアップ藤の木
17:30~21:00までライトアップされます

世界的にも有名な「あしかがフラワーパーク」は栃木県足利市にあり、大藤や藤の花のトンネルなど350本以上の藤の花を見に、開花期間中は昼の部・夜の部を問わず国内・海外からも非常に多くの観光客が訪れる藤の花の観光名所です。

オーバーツーリズムって感じがするほどGWは大混雑していましたが、世界中から観光客が訪れる納得の淡い紫色やホワイト・ピンクと綺麗な藤の花を楽しむことができますよ。

スポンサーリンク

茨城県で藤の花が見られる名所・場所

古河総合公園

古河公方公園藤の花アップ

茨城県古河市にあるごくごく普通の公園なので、いつでも駐車場利用も含めて無料で誰でも園内に入ることができ、古河総合公園はとても広く地元の方々の憩いの場らしく、池の周りの広場では家族連れや仲間同士でのバーベキューを楽しまれています。

ただ正直園内奥の蓮池周辺には桃の木が多くあり、藤の花よりも桃の花が有名で「桃まつり」が開催されます。

藤の花は蓮池周辺にポツリポツリと自然のままあるので、珍しい光景に出会えますよ。

笠間稲荷神社

笠間稲荷神社拝殿と藤の花5

京都の伏見稲荷、佐賀の祐徳稲荷と並ぶ1300年の歴史ある年間350万人が訪れる、仕事や金運のパワースポットでもある稲荷神社です。

また、拝殿の右側にある藤の花は、樹齢400年を超え天然記念物に指定されている藤の花で、この藤の花を見ることができるのは、4月下旬から5月中旬までで写真を撮ったのは2019年5月9日です。

神社なので無料で訪れることができますよ。

茨城県フラワーパーク

茨城県フラワーパーク藤棚

茨城県フラワーパークへ訪れたのがバラまつりが始まった時なので、藤の花がだいぶ散っていました。

藤の花の藤棚がトンネルになって奥まで続いているので満開の時期は相当綺麗だと思いますよ。

藤棚はこれ以外にもあと2か所ありました。

小野小町伝説の小町の館

小町の館藤棚

六歌仙で有名な小野小町が無くなった場所らしいという伝説があり、資料館も備えています。藤棚は1か所ですが、なぜか5月16日でもまだ綺麗に咲いていました。

魅力度ランキング6年連続最下位の茨城県ですが、知らないだけかもしれませんよ。

スポンサーリンク

千葉県で藤の花が見られる名所・場所

我孫子市水生植物園

我孫子水生植物園藤棚

千葉県我孫子市の手賀沼沿いにある公園でいつでも誰でも駐車場を含めて無料で訪れることができ、手賀沼沿いの遊歩道には桜並木や鳥の博物館などもあります。

藤の花は、約100メートルぐらいの長さの藤棚があり、というかこれしかないので誰もいませんので自由に写真を撮ることが出来ました。

コメント