銚子駅から徒歩5分で藤棚の観光名所「妙福寺」へ滞在時間30分

銚子妙福寺の藤棚藤の花
2021年4月撮影
藤の花・藤棚名所・穴場

ぬれ煎餅や犬吠埼、そして貧乏だけど様々なアイディアで鉄道運行をしている銚子電鉄で有名な千葉県の最東端に位置する銚子市。

超有名観光スポットと言う訳ではありませんが、それなりの観光地なのですが、GW前後になると銚子駅から徒歩5分の位置にある「妙福寺」に大量の観光客が押し寄せます。

その理由はこの時期に見られる樹齢700年超の千葉県の天然記念物にも指定されている「臥龍の藤」を見る為に訪れる人々が増えるからです。

スポンサーリンク

京都御所から届いた由緒ある野田藤

アクセス

最寄り駅

JR総武本線・銚子駅で下車します。

東京駅から特急「しおさい」利用で約2時間・3,670円、総武快速線や成田線など特急を使わなければ約2時間30分・2,310円で銚子駅まで行くことができます。

銚子駅は総武本線ルートでも成田線ルートのどちらでも行くことができ、所要時間もほぼ同じなので出発する時間によりどちらかのルートになります。

銚子駅からは徒歩5分で妙福寺です。

マイカー利用

東関東自動車道・佐原香取IC下車して国道356を通り約40㎞です。

東京から約130㎞・約2時間15分程で妙福寺へ行くことができますが、駐車場がありませんので銚子駅周辺のコインパーキングを利用することになります。

銚子駅周辺のコインパーキングは60分100円が相場になっています。

妙福寺滞在時間

訪れたのは平日の2021年4月22日13:00頃に訪れ、藤の花の見頃には少し早い為か人もまばらでとても空いていました。

その為に特に並ぶことも無く妙福寺滞在時間は30分でした。

2021年藤まつり

例年は藤の花が見頃となるGW前後にはライトアップやイベントが実施されますが、2021年は新型コロナウィルスの感染拡大予防の為に中止となっています。

ただし無料で藤棚など見ることはできます。

スポンサーリンク

藤棚は4月下旬から5月上旬限定の銚子観光スポット

銚子駅構内

醤油の街銚子、駅改札内には撮影スポット?がある銚子駅。

改札を出て右にある跨線橋を渡って駅の反対側へ行き、左に曲がってしばらく歩くと右側に妙福寺となぜか幼稚園の看板のある入口にたどり着きます。

わずかほぼ5分なので迷う事も無くたどり着くことができます。

銚子妙福寺入口

入口を通り、左に曲がるとすぐに藤棚が迎えてくれます。

銚子妙福寺入口から見た藤棚

園内には全部で4か所の藤棚があり今年は暖かい日が続いていたので、例年よりも1週間ほど早く咲いているそうです。

銚子妙福寺藤棚メイン

甘ーい匂いがマスク越しでもわかるほど春を感じさせてくれますよ。

そして右側には真っ白な品種の藤の花が見られます。

銚子藤棚白

そして向かいには小さな藤棚がありましたが、まだあまり咲いていませんでした。

そしてその奥にはメインの藤棚??

妙福寺で4か所の藤棚の中で一番大きく、長さはなんと10メートル×12メートルあるそうです。

銚子妙福寺藤

それでも先端はまだつぼみ。

満開になると長さも成長して1.5メートルから2メートルぐらいまで成長するそうで、今年の見頃は今月末になりそうです。

なぜか水の流れる大きな音が聞こえてくるので藤棚の奥を見てみると、お寺内に滝がありちょっと珍しい光景ですね。

銚子妙福寺の藤と滝

妙福寺境内の4か所の藤棚を見学するのは無料なので、この時期しか見られないのでぜひ訪れてみてはいかがですか?

千葉県内の藤棚の名所として有名な観光スポットですよ。

住所千葉県銚子市妙見町1465
営業時間常時開放
入場料無料
公式サイト妙福寺
藤の花・藤棚名所・穴場
藤の花
スポンサーリンク



とりっぷぼうるをフォローする
とりっぷぼうる