スポンサーリンク

古河公方公園で藤の花を独占して見よう

古河公方公園藤の花アップ旅の器

古河市民の憩いの場「古河公方公園」は茨城県古河市にあるごくごく普通の公園なので、いつでも駐車場利用も含めて無料で誰でも園内に入ることができます。

あしかがフラワーパークと比較してしまうとダメで、ひっそりと咲き誇る藤の花を独り占めして楽しみましょう。

スポンサーリンク

三県境が近くにある茨城県古河市へ

アクセス・料金・滞在時間

電車・バス

最寄り駅

JR宇都宮線で東京駅から約60分の古河駅で下車し、コミュニティバスで10分~15分、徒歩7分~12分です。

古河市コミュニティバスは4コースあり、古河駅西口・東口と異なる為、古河公方公園付近のバス停も異なるので公式サイトより確認してください。

公式サイトよりバス情報

公式サイトでは、マイカー利用をおススメしています。

マイカー

東北自動車道・舘林ICより15㎞20分程と公式サイトには書いてありますが、30分~40分ぐらいはかかります。

駐車場は「桃まつり」の時期は500円と有料ですが、それ以外は無料開放されています。

住所茨城県古河市鴻巣399-1
営業時間8:30~17:00
入場料無料
公式サイト古河公方公園(総合公園)

古河公方公園はとても広い敷地ですが、藤の花が咲いているのは一部のみなので、花を見て写真を撮って回っても滞在時間45分ぐらいでした。

古河公方公園内の藤の花

正直、あしかがフラワーパークの大混雑を避けて代わりにって思ったら大間違いで、最初に添付した写真は藤の花をアップで撮っているので分かりませんが、実際は・・・

古河公方公園藤の花

こんな感じなんです。

さらに引いてみると・・・

古河公方公園藤の花引き絵

波乗りアヒル
波乗りアヒル

えっ!これだけ!って思いますよ!いくら無料でも・・・

藤棚も2か所だけありましたが、スケール感はあしかがフラワーパークと比べると、比べちゃいけませんね。

古河公方公園藤棚

次は藤の花を見にどこへ行かれますか?

魅力度ランキング6年連続最下位の茨城県ですが、知らないだけかもしれませんよ。

コメント