大晦日終夜運転と年末年始の運行情報まとめ

古河公方公園の藤棚と藤の花が穴場すぎて独占できる撮影場所へ

古河公方公園藤の花アップ

桃の花が綺麗に咲くころは「桃まつり」が開催されますが、藤の花まつりはありません。

古河市民の憩いの場「古河公方公園」は茨城県古河市にあるごくごく普通の公園なので、いつでも駐車場利用も含めて無料で誰でも園内に入ることができます。

あしかがフラワーパークと比較してしまうとダメで、ひっそりと咲き誇る藤の花を独り占めして楽しんでみてはいかがですか?

目次

古河公方公園内の藤の花

正直、あしかがフラワーパークの大混雑を避けて代わりにって思ったら大間違いで、最初に添付した写真は藤の花をアップで撮っているので分かりませんが、実際は・・・

茨城県・古河総合公園の藤の花

こんな感じなんです。

さらに引いてみると・・・

古河公方公園藤の花引き絵
池のほとりにポツンと1本

藤棚も2か所だけありましたが、スケール感はあしかがフラワーパークと比べると、比べちゃいけませんね。

古河公方公園藤棚
こちらもポツンと藤棚

というわけで、あっという間に見終わってしまうのですが、GWなのに公園内はバーベキューなど混雑していますが、藤棚のエリアは誰もいなかったので貸切状態でした。

古河公方公園の藤棚と藤の花を見ることを最終目的地にするほどの観光スポットではないと思いますが、ついでに立ち寄って藤の花を見ようとするならばちょうどいいと思いますので、訪れてみてはいかがですか?

古河公方公園滞在時間

古河公方公園はとても広い敷地なので藤の花が咲いているのはエリアに行くまで時間がかかり、花を見て写真を撮って回っても古河公方公園滞在時間45分ぐらいでしたが、実際に藤棚だけとなると15分程です。

おススメ度
ガッカリ
1
2
3
4
5
おススメ
波乗りアヒル

個人的なおススメ度は、一度見ることができたので今後訪れることはないと思います。
ネット上では埼玉県内の藤棚スポットとして掲載されていることが多いのですが、アクセスも良くなくて自生している藤が見られるだけでした。

アクセス(電車・バス)

【最寄り駅】JR宇都宮線(東北本線)・古河駅

東京駅から上野東京ライン宇都宮線で古河駅へ約1時間・1,170円で行くことができ、快速ラビットも停車する駅です。

バスを使わず歩いて行くと約30分ほどです。

【路線バス】古河市コミュニティーバス・公方公園入口バス停

JR古河駅・西口から古河市のコミュニティーバスが運行されていていますが、目の前の「方公園前」バス停では、1日4本しかないので近隣のバス停「公方公園入口」「スーパーフレッシュ前」を利用すれば、1日12本となり約1時間に1本の割合で利用できます。

コミュニティバスで10分~15分と下車後徒歩2分~12分で、古河市コミュニティバスは4コースあり、古河駅西口・東口と異なる為、古河公方公園付近のバス停も異なるので公式サイトより確認してください。

料金は1乗車100円です。

JR東日本の「休日おでかけパス」利用すれば、古河駅はエリア内なのでお得です。

アクセス(マイカー・レンタカー)

東京駅から首都高を通り、東北自動車道・加須IC下車する約80㎞・1時間30分程(高速代1,830円)で行くことができます。

駐車場

駐車場は「桃まつり」の時期は500円と有料ですが、それ以外は無料開放されています。

住所茨城県古河市鴻巣399-1
営業時間8:30~17:00
入場料無料
公式サイト古河公方公園(総合公園)
駅からバス古河駅からバス利用可
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次