スポンサーリンク

田園とあじさいの杜の散策コースを滞在時間90分

二本松寺あじさいの杜入場料300円旅の器
2019年6月27日撮影

茨城県潮来市にある「二本松寺あじさいの杜」に10,000株のあじさいが咲き誇るあじさいスポットがあります。

広いスペースにあじさいが咲き誇っているので、300円と有料になりますが満足度は高いと思いますよ。

スポンサーリンク

二本松寺あじさいの杜

アクセス

電車・バス

最寄り駅

JR鹿島線・潮来駅で下車します。

東京駅からだと総武快速線で成田駅まで行き、成田線に乗り換え佐原駅へ、更に鹿島線に乗り換えて潮来駅まで行きます。

おおよそ2時間20分で2,000円程です。

潮来駅からバス

潮来駅からはコミュニティーバス(無料送迎バス)「あやめ号」が1日4本だけあったのですが、2019年9月29日をもって廃止されてしまいました。

その為に唯一のバスが「鹿行広域バス(潮来市) 神宮あやめ白帆ライン」になりますが、最寄りバス停が「ショッピングプラザララルー」(15分・200円)から25分(2.3km)ぐらい歩きます。

バス以外はタクシーで15分ぐらいと二本松寺ホームページに掲載しています。

マイカー

東関東自動車道・潮来インターから15分程で、駐車場は無料で利用できます。

滞在時間

電車とバスで行くつもりで調べたのですが、時間の都合上マイカーにしましたので、二本松寺の駐車場に車を止めてすぐにあじさいの杜入口にたどり着きます。

二本松寺のあじさいまつりは6月1日~6月30日までで、訪れたのは6月27日、今年は7月7日まで延長されています。

住所茨城県潮来市堀之内1230
営業時間9:00~17:00
料金大人300円 中学以下無料
公式サイト二本松寺あじさいの杜

園内が広いので、二本松寺あじさいの杜滞在時間は90分でした。

スポンサーリンク

二本松寺あじさいまつり

二本松寺あじさいの杜入口

ここがあじさいの杜の入口になっていて、10,000株のあじさいを見ることができます。

二本松寺あじさいの杜と田園2

中に入り坂を下っていくとのどかな田園風景とあじさいが出迎えてくれ、くじゃくが放し飼いにされている雨引観音や、水戸黄門様の日本庭園保和苑とは全く異なった広々した自然の中のあじさいをいきなり感じる事ができます。

二本松寺あじさいの杜と田園

左側の斜面には奥までずっとあじさいが無数に咲いている光景は圧倒されます。

二本松寺あじさいの杜斜面

ふと思ったのが足元、土ではない気がしますが何でできているのかは分かりませんでしたが、何となく柔らかいので歩きやすかったです。

二本松寺あじさいの杜の花

ん~?なんでしょうこの花は?

二本松寺あじさいの杜3

20分歩いてもまだこの広大な田園とあじさいの景色が続くぐらい、本当に長く広いんです。

ここまでのあじさいには品種名の札が無かったのですが、なぜかここから品種の札が付いているあじさいが見受けられるようになりました。

珍しいものなのか?ここ二本松寺が押しているあじさいなのか?

二本松寺あじさいの杜アカンサスモーリー

この紫の綺麗な花はあじさいぽく無いのですが、あじさいの一種なんですかね?「アカンサスモーリー」と札がありました。

品種の札が見られなかったのですが、個人的に気にっている青い色のあじさい。

二本松寺あじさいの杜青いあじさい

あじさいの杜での人気ナンバーワンのあじさいがレッドバロンというあじさいで、真っ赤ではないのですが、濃いピンクと赤の間ぐらいで丸ーい形が人気のようで品種の札が付いているので分かりやすいです。

二本松寺あじさいの杜レッドバロン

平日なのであまり人も少なくて、写真を撮るのに人の映り込みをほぼ考えないで撮影出来ていたのですが、やっぱり一番人気のレッドバロンの所には人が多く順番に写真を撮っていましたね。

二本松寺あじさいの杜レッドバロンコーナー

これはキラキラ星っていう品種の札がありましたが、どの辺がきらきら星なんでしょうか?

葉の形が無理してみると星型に見えなくもないのですが・・・

二本松寺あじさいの杜キラキラ星

急に現れたお地蔵さんなんですけど、両手を合わせて笑顔で見守って!なんとなくほっこりする気分になれますよね。

二本松寺あじさいの杜お地蔵さん

これもあじさいなんですね、見た事ないあじさいがここでは見ることができますね。

ティンカーベルっていう品種。

二本松寺あじさいの杜.ティンカーベルjpg

今度は小町という品種ですが、言われないと分からないぐらい似ている気がします。

二本松寺あじさいの杜小町

食べられないし、甘そうでもない、金平糖という品種。

二本松寺あじさいの杜金平糖

入園料300円で90分楽しめたので大満足できましたので、人込みを避けて、あじさいをのんびり楽しみたいのならばおススメの観光スポットですね。

魅力度ランキング6年連続最下位の茨城県ですが、意外と観光できるところありますね、知らないだけかもしれませんよ。

コメント