スポンサーリンク

エクセルのシート名部分を非表示にする方法

シート非表示Excel-VBA

Excel-VBAを組み込んだエクセルファイルを渡して使ってもらうと、エラー表示になったと言われることがあります。

原因は簡単で、エクセル操作をオリジナル入力画面のユーザーフォームを使用して、全ての操作を行うようにしていますが、何らかの理由で、ワークシートの下の部分にあるシート名を直接クリック操作されることでした。

エクセルワークシート表示
基本はシート表示されています
波乗りアヒル
波乗りアヒル

エクセルVBAではシート名が変更されたり、意図しないシート移動されるとマクロエラーで動かなくなってしまう事あるので、できれば触らせたくない!

エクセルVBAではシート名が変更されたり、意図しないシート移動されるとマクロエラーでエクセル自体が動かなくなってしまう事あるので、できれば触らせたくないので非表示にしてしまえば解決です!

エクセルシート名消える
シートを非表示化
スポンサーリンク

DisplayWorkbookTabsでシートを非表示化へ

エクセルファイルを開くと自動的にシートを非表示にすることができる、 DisplayWorkbookTabs を使用します。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

非表示にするには”False”、表示するには”True”を指定します

エクセルを開いたときに自動的に処理を行う方法はThisWorkBookに記述します。

VBAコード

Private Sub Workbook_open()
ActiveWindow.DisplayWorkbookTabs = False
End Sub

解説
  1. エクセルファイルを開くと
  2. シート見出し表示を非表示にする
  3. マクロ記録終了

これで、エクセルを開いてマクロを有効化すると、シートを隠して表示してくれます。

念の為に、ワークシート上かユーザーフォームにシート見出し表示を再表示する為のコードを記述したコマンドボタンを準備しておく事も必要です

VBAコード

Private Sub CommandButton1_Click()
ActiveWindow.DisplayWorkbookTabs = True
End Sub

解説
  1. コマンドボタン1をクリックすると
  2. シート見出し表示を再表示する
  3. マクロ記録終了

コマンドボタンはユーザーフォームに配置して使用しています。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

参考までに、同じく意図しない操作を防ぐのにユーザーフォームの「×」ボタンを使用停止やメニューリボンを非表示にすることができますよ。

Excel-VBAもくじへ

コメント