スポンサーリンク

VBAで指定した範囲を自動的に画面いっぱいにする方法

excel-vba Excel-VBA

エクセルで表を作成することよくありませんか?

表のデータ量にもよりますが、おおよそ同じならば、スクロールせずに必ず全ての表の範囲が画面表示されてくれたら便利ですよね。

ボウリングのリーグ戦の成績表もその一つです。

成績表ボタンを押したら、自動的に順位を並べ替えをして成績表全体を表示してくれると、スクロースして確認する手間が省けるのでとても便利です。

もちろん、Excel-VBAを使わなくても【表示】から【改ページプレビュー】でもできるのですが、この手間も作業効率化の為には省きたいものですよね。

スポンサーリンク

ActiveWindow.Zoomを使おう

指定したシートやセルの範囲の表示を変更するには、ActiveWindow.Zoomを使います。

このActiveWindow.Zoomで拡大・縮小が思いのままにできるようになるので、ユーザーフォームに配置したボタン(コマンドボタン)にVBAコードを書けば簡単に指定した範囲を必ず表示できるようになります。

では実際に、どのような手順のイメージをしているかです。

  1. シートを指定する
  2. 表示したいセルの範囲を指定する
  3. 拡大率を指定する

これだけなんです。簡単!だからVBAコードもたったの3行。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

ここでは、ユーザーフォームに配置したコマンドボタンを押して、指定したセルの範囲を表示します。

Private Sub CommandButton1_Click()
Worksheets(“sheet1”).Activate
Range(“A1:V34”).Select
ActiveWindow.Zoom = True
End Sub
  1. コマンドボタン1を押したら
  2. sheet1を選択する
  3. セルの範囲(A1~V34)を選択する
  4. 選択範囲を全て表示する

Excel-VBAもくじへ

コメント