ワークシートサイズは常に最大化してエクセル画面を表示するVBA

エクセルファイルを開いたら中途半端なサイズで表示されるようになってしまった事ありませんか?

作業するのにはフルサイズでの画面最大化の方が良いので、VBAを使って自動的にフルサイズ表示させる方法をご紹介します。

目次

WindowStateプロパティで最大化へ

このような中途半端にエクセルが開くと、わざわざ最大化するのが面倒ですよね。

エクセル中途半端な大きさ
エクセル中途半端な大きさ

エクセルファイルを開いたら常に最大化するように下記VBAコードを記述すれば解決です。

画面最大自動化VBA

エクセルを開くと自動的に最大化して表示させるには、WindowsStateプロパティを使い、ThisWorkbookにVBAコードを書きのように記載します。

UserForm2
コピペOK!

Private Sub Workbook_Open()
ActiveWindow.WindowState = xlMaximized
End Sub

解説
  1. エクセルファイルを開いたら
  2. 表示画面サイズを最大化する
  3. マクロ記述終了

これで、エクセルファイルを開いてマクロ有効化されていれば、常に画面は最大化されて表示されるようになります。

最小化・標準サイズ化の設定

WindowStateプロパティには、最大化以外にも最小化や標準サイズ化することもできるようになっていますので、先ほどは最大化のVBAコード「 ActiveWindow.WindowState = xlMaximized 」の部分「
xlMaximized 」(定数)を変更することで対応できます。

定数内容
xlMaximized最大化
xlMinimized最小化
xlNormal標準サイズ

最大化してセルの選択

実用例として、エクセルファイルを開いたら画面最大化はもちろんですが、特定のシートの特定のセルを指定して、常に同じところ(例えばSheet1のセルA1)が表示するようにして使っています。

コピペOK!

Private Sub Workbook_Open()
Worksheets(“MENU”).Range(“A1”).Select
ActiveWindow.WindowState = xlMaximized
End Sub

たった1行追加でMENUという名のシートのセルA1を選択状態にして、ちゃんとエクセル最大化できます。

写真素材無料【写真AC】

よく見られているページ

新着ページ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次