スポンサーリンク

常に最大化してエクセル画面を表示する

windowstate画面サイズ最大化Excel-VBA

エクセルファイルを開いたらパソコン画面全部(最大化)して作業するので、中途半端なサイズのままで使う事無いと思います。

その為に下の図のように中途半端な大きさで表示されたときは、わざわざ最大化して使うのですが、これが面倒。

最大化されていないエクセル画面サイズ
中途半端なサイズで表示
波乗りアヒル
波乗りアヒル

エクセルファイルを開いたら常に最大化するようになっていたら手間なく便利だと思いませんか?

スポンサーリンク

WindowStateプロパティで最大化へ

UserForm2

エクセル画面を常に最大化させるには、WindowStateプロパティを使います。

そして、エクセルVBAのブックイベントに、コードを記載すれば出来上がります。

左画面のフォームのひとつ上、ThisWorkbookをダブルクリックして記述します。

それでは、エクセルを開いた時に自動的に表示画面最大化する為のVBAコードで、記載する場所はThisWorkbookです。

VBAコード

Private Sub Workbook_Open()
ActiveWindow.WindowState = xlMaximized
End Sub

解説
  1. エクセルファイルを開いた時に
  2. 表示画面サイズを最大化する
  3. マクロ記述終了

これで、エクセルファイルを開いてマクロ有効化されていれば、常に画面は最大化されて表示されるようになります。

定数指定で最小化・標準サイズ化も

WindowStateプロパティには、最大化以外にも最小化や標準サイズ化することもできるようになっています。

先ほどは最大化のVBAコード「 ActiveWindow.WindowState = xlMaximized 」の部分「
xlMaximized 」(定数)を変更することで対応できます。

WindowStateの定数
定数内容
xlMaximized最大化
xlMinimized最小化
xlNormal標準サイズ

最大化して特定のセルを指定して表示す

実用例として、エクセルファイルを開いたら画面最大化はもちろんですが、特定のシートの特定のセルを指定して、常に同じところ(例えばSheet1のセルA1)が表示するようにして使っています。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

これも1行だけVBAコード追加でできるようになりますので、やってみてください。

VBAコード

Private Sub Workbook_Open()
Worksheets(“MENU”).Range(“A1”).Select
ActiveWindow.WindowState = xlMaximized
End Sub

解説
  1. エクセルファイルを開いた時に
  2. シート名(MENU)のセル(A1)を選択する
  3. 表示画面サイズを最大化する
  4. マクロ記述終了

全く難しい事無いですよね。ちなみにSheet1の名前を「MENU」にしています。

これで、エクセルを開いたら必ずMENUのセルA1を選択して、画面最大化するので、いつも同じ状態の画面表示になり、使い勝手が向上します。

Excel-VBAもくじへ

コメント