スポンサーリンク

改ページプレビューで表示切替する方法

改ページプレビューExcel-VBA

エクセルで表を作成して印刷をする前に用紙の範囲に印刷できるか気になりますよね。

そんな時に改ページプレビューに表示モードを切り替えて確認するのですが、ボタンひとつで切り替えられると便利ですよね。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

たった1行VBAコードを追加するだけで表示モード切替できますよ

スポンサーリンク

ActiveWindow.Viewで表示モードを指定する

エクセルワークシート自体にコマンドボタンを配置する方法と、いつものようにユーザーフォームのコマンドボタンで操作する方法2つ記載します。

ワークシートにコマンドボタンを配置した場合

普段はユーザーフォームを使用するので、あまりやらない方法なのですが、改ページプレビューだけならば、この方法もありかもしれませんね。

表示モード切替・改ページプレビュー
開発➡挿入➡コマンドボタンでワークシートに配置

ワークシートに配置をしたらコマンドボタンにVBAコードを記述しましょう。

改ページプレビューボタン配置
コマンドボタンを配置しました。
VBAコード

Sub 表示モード切替()
ActiveWindow.View = xlPageBreakPreview
End Sub

解説
  1. 「表示モード切替」という名前のマクロを記述する
  2. アクティブウィンドウの表示モードを改ページプレビューに切り替える
  3. マクロ記述終了

ボタン1をクリックするとこのように改ページプレビューに表示切替できました。

改ページプレビュー
改ページプレビュー表示

ユーザーフォームのコマンドボタンに記述

オリジナル入力画面のユーザーフォームにコマンドボタンを配置してVBAコードを記述するいつもの方法です。

VBAコード

Private Sub CommandButton1_Click()
ActiveWindow.View = xlPageBreakPreview
End Sub

波乗りアヒル
波乗りアヒル

基本的に一緒ですが、マクロ名をつけなくていいだけです。

ちなみに、標準モードで表示するには定数を変更し、定数は下記のように決まっています。

表示モード定数
標準モードxlNormalView
改ページプレビューxlPageBreakPreview

Excel-VBAもくじへ

コメント