成田山公園へ成田駅からバスでなく徒歩圏内の紅葉へ滞在時間150分

成田山公園紅葉紅葉名所
成田山公園紅葉
紅葉穴場スポット・見頃・ランキング

スポンサーリンク

成田山新勝寺の奥に紅葉が見られる日本庭園へ

紅葉見頃 11月中旬~11月下旬

成田と言えば成田空港と成田山新勝寺が有名で、旅行や初詣で訪れたことがあると思いますが、紅葉スポットになっていることは、地元の方以外はあまり知られていないのです。

特に成田山新勝寺につながる成田山公園は、日本庭園や人工滝が作られていて都会の中の大自然が広がっています。

そこにもみじやイチョウが植樹されているので、日本庭園と紅葉が同時に見られる撮影スポットになっていますので、訪れてみてはいかがですか?

アクセス

電車・バス

JR成田駅
JR成田駅

最寄り駅

JR成田線・成田駅または京成本線・京成成田駅で下車します。

東京駅からJR総武快速線・成田空港行で1時間15分程で成田駅に到着します。(片道1,170円)または、日暮里駅から京成本線に乗り1時間程で京成成田駅に到着します。(片道790円)

JRを使うよりも京成本線の方がお得ですが、フリーきっぷの使い方により変わりますので、頭を悩ませますね。

成田駅からバス

成田山新勝寺と成田山公園へ向かうバスはありませんので、成田駅・京成成田駅からは徒歩で表参道を歩いて向かい、新勝寺を通過して成田山公園まで徒歩15分程です。

マイカー

東関東自動車道・冨里ICより国道409・51号線で4㎞・15分程で成田山新勝寺へ行くルートで、東京から約65分(約60㎞)で到着します。

料金は片道で約2,000円程で新勝寺周辺の駐車場料金の相場は500円~800円ほどです。

2020年成田山公園紅葉まつり

成田山新勝寺参道
朝9:30なのでガラガラ

コロナ禍で茶会および昆虫展・クラフト展は中止になりますが、例年通り2020年11月14日~11月29日まで「成田山公園紅葉まつり」が開催されます。

例年は1日1万人の来場が地元の方中心に集まり、成田駅から表参道の各飲食店は賑わいますよ。

住所千葉県成田市成田1
営業時間いつでも可
入場料無料
公式サイト成田市観光協会
駅からバスJR・京成成田駅から徒歩15分

成田山新勝寺・成田山公園滞在時間

成田山新勝寺入口
成田山新勝寺入口

初詣で元旦の昼頃に訪れた時はお参りだけして成田駅に戻るだけで80分ぐらいかかりましたので、名物のうなぎやそばなど食べれば混雑状況によりさらに60分ぐらいかかるかもしれませんね。

成田山公園は新勝寺の右奥にありますので、10分程歩きますのでこのまま成田山新勝寺へ入り奥に進みます。

成田山新勝寺
成田山新勝寺

急勾配の階段を昇ると成田山新勝寺の本堂と三重塔にたどり着きますので更に右奥へ進むと、成田山公園入口にたどり着きます。

成田山公園入口
成田山公園入口

成田山公園に入るともみじに朝露が滴っていたので、思わずパチリ📷

朝露ともみじ
朝露ともみじ

成田山公園に入って10分程歩くと、成田山公園の写真でよく使われている龍智池にある浮御堂が見えるところにたどり着きました。

浮御堂と紅葉
浮御堂と紅葉

時刻は10:10なのですが、パラパラと人がいて全く混雑していませんでしたので、ゆっくり過ごせそうですね。

浮御堂と紅葉と水鏡
浮御堂と紅葉と水鏡とはいかず

微妙に水面が揺れていて水鏡とはいきませんでしたが、偶然鯉が通りかかっていました。

龍智池の淵を歩いて進むと隣の池「龍樹池」に移動でき、鯉がたくさん泳いでいて、石の橋?を歩いて渡る時に撮影スポットなのか、数名の人が並んで順番にカメラを構えていたのでマネしてみました。

成田山公園龍樹池
成田山公園龍樹池

時刻は10:30、成田駅到着からちょうど60分で成田山公園到着から35分、日差しが差し込んでキラキラとしていたのですが、上手く撮影することができず。

成田山公園龍樹池
左上から日差しが差し込んでいたのですが・・・

日差しが差し込んでいるのが見えそうなところをウロウロしていたのですが、なかなかいい場所見つかりませんでしたが、微かに撮れた気がしたのですがパソコンで見てみるとそうでもなかったでした。

成田山公園龍樹池
グラデーションもみじの下に光の筋が微か

本堂へ戻る方向に成田山公園内を歩いて行くと、今までの「和」の日本庭園からいきなり、洋と中国っぽい建物「平和大塔」と噴水が現れて、ちょっと違和感を覚えましたが別エリアと思えばいいのかな?

成田山公園の平和大塔
成田山公園の平和大塔(クリックで拡大)

この時期の11:00頃はちょうど太陽の光が順光だったので噴水に光が当たって虹が写りました。

そして順路を進んで行くと「雄飛の滝」が最後の見どころになりますので、光の具合から急いでいきましょう。

雄飛の滝に着くとちょうどいい太陽光の角度になっていて、神々しく感じられました。

成田山公園雄飛の滝
成田山公園雄飛の滝

石段を上る途中に綺麗なコケの上にもみじが落ちていたのですが、誰かが意図的に置いたのか?自然に落ちたのか分かりませんがいい感じに思えませんか?

成田山公園コケともみじ
成田山公園コケともみじ

時刻は11:15、お腹もすいてきたのでお昼時の大混雑する前に、成田山と言えば「川豊本店のうなぎ」ですよね。

川豊本店うなぎ
川豊本店

すでに1階・2階とも満席でしたが、3組しか待っていなかったので10分程で席に座ることができ、更に待つこと5分程で上うなぎ3,600円が目の前に。

川豊のうなぎ
川豊のうなぎ

マスク越しでも香ばしい匂いだけでも白米が食べられそうですが、うなぎはなんとも柔らかくて溶けてしまうと感じるぐらい身がホロホロ溶ける感じに食べられ、タレも甘すぎず程よく白米にかけられていて、ほぼ「カレーは飲み物」状態。

あっという間に完食してしまい、味わうのを忘れてしまいました。

今回の成田山新勝寺と成田山公園の滞在時間は90分、川豊のうなぎ食事が待ち時間入れて滞在時間30分でしたので、成田駅出発から戻ってくるまでのトータル滞在時間は150分でした。

成田山公園は開場時間や閉店時間も無く、無料で利用できるので紅葉の時期にはぜひ訪れてみてはいかがですか?

成田に来たのだから同時期に紅葉を楽しめる成田駅から常磐線直通電車で松戸市のもみじ寺・本土寺へ移動しました。

元々あじさい寺で有名なあじさいスポットなのですが、秋はもみじ寺と呼ばれる珍しい両方有名なので成田山公園と同時期に紅葉しますので行ってみませんか?

スポンサーリンク

千葉県内の移動に便利なフリーきっぷ

千葉県の紅葉の時期でもある11月毎日連続2日間利用できる「サンキューちばフリーパス」がJR東日本より発売されます。

千葉県内のJR線と私鉄(房総地区)が乗り降り自由となるのでお得ですよ!

ここに記載した千葉県の紅葉スポットも最寄り駅までフリーきっぷで移動して、駅からバスで移動可能なので、お得で便利なので使わないなんて損していますよ!

紅葉穴場スポット・見頃・ランキング

コメント