全長3㎞ミューズパークいちょう並木へ西武秩父駅からバスで行く

AC秩父ミューズパーク紅葉
関東埼玉県フリーパス
10月11月12月

西武秩父駅や秩父駅からバスでも行くことができる秩父のテーマパークで、南口から北口までの約3㎞もの長さにイチョウの木が両サイドに植えられていて、紅葉の時期になると黄色い絨毯とトンネルの中を歩けます。

また、北口側にある展望台からは真っ赤に染まったもみじの紅葉も見られるので、訪れてみてはいかがですか?

目次

秩父ミューズパークちちぶみゅーずぱーく

秩父ミューズパーク滞在時間

訪れたのは2021年10月29日で、スケジュール的にバスの時間が合わないのでマイカーを利用して訪れ、駐車場は秩父ミューズパークの真ん中にある中央第1駐車場を利用しました。

そしていちょう並木のスカイロードを歩いて旅立ちの丘から秩父市内を一望して戻るのに約1時間30分程かかりましたので、ミューズパーク滞在時間は約2時間です。

おススメ度
ガッカリ
1
2
3
4
5
満足
波乗りアヒル

訪れた満足度としては、歩いて往復するには3㎞のいちょう並木道はちょっと長すぎる距離に感じましたが、秋の気配を感じながら散歩と思えば十分堪能できます。
最終目的地としては物足りなかったので、次回近くを訪れたら高速の渋滞状況を見て時間調整で立ち寄りたいと思います。

アクセス(電車・バス)

【最寄り駅】西武秩父線・西武秩父駅または秩父鉄道秩父駅

東京駅から東京メトロ丸の内線で17分、または山手線で25分で池袋駅に到着し、西武池袋線に乗り換えて飯能駅経由で約2時間15分・990円で西武秩父駅に到着します。

西武特急レッドアローを利用すると約1時間45分で西武秩父駅へ特急券込みで合計1,700円で行くことができます。

または秩父鉄道の秩父駅も利用でき、熊谷方面から行くこともできますが、料金は約2倍強の2,046円・約3時間もかかるのでおススメルートではありません。

【路線バス】西武観光バス・ミューズパーク南口バス停

改札を出て右に曲がりバスロータリーに西武観光バスが発着しますので、ミューズパーク循環バス(ぐるりん号)に乗り「ミューズパーク南口」(約24分・250円)で下車します。

ただ、1日4本しか運行されていないので小鹿野町コミュニティーバス(1回500円)も活用すれば1日8本に増えます。

いちょう並木があるスカイロードはこの南口から展望台まで延々3㎞ミューズパーク内を歩いて進むことができます。

アクセス(マイカー・レンタカー)

東京から関越自動車道・花園ICまで約1時間15分(90㎞・約3,000円)で行くことができ、花園IC下車してから国道140号線を通るルートで途中「皆野寄居有用道路」430円を通過すれば、約40分・30㎞ほどで秩父ミューズパーク中央に到着します。

駐車場

秩父ミューズパークはいちょう並木が約3㎞も続くスカイロードあるぐらい広大な敷地があるので、ミューズパーク内のあちこちに無料駐車場が完備されています。

お得なフリーきっぷ

池袋から西武池袋線を利用する「秩父漫遊きっぷ」ならば、往復乗車券付きで秩父エリアのバスもフリーエリアになっているのでお得ですよ。

また東武東上線ルートならば「東武鉄道×秩父鉄道SAITAMAプラチナルート乗車券」と「秩父バス1日乗車券」の組み合わせもお得ですよ。

また、ぐるりん号は必ず秩父鉄道の秩父駅も経由し、ぐるりん号車内で1日券を500円で購入できるので2回乗車すれば元が取れます。

秩父漫遊きっぷのバスフリーパス対象外ですが、小鹿野町営バスも(1回500円)利用できます。

秩父ミューズパーク基本情報

紅葉見頃10月下旬~11月上旬
紅葉まつりなし
ライトアップなし
住所埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518
営業時間8:30~17:30
入場料無料
公式サイト秩父ミューズパーク
コインロッカー西武秩父駅前「観光総合案内所」

=====================
旅のサブスクHafH(ハフ)でお得な旅行体験!
旅好きが厳選した国内、海外1,000以上の
宿泊施設に泊まれる。
今までに出会ったことのない、
あなたにあったスタイルで、新しい旅を体験。

積み立てで星野リゾートにも泊まれる!!
=====================

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次