河口湖畔の大石公園ラベンダー畑へ河口湖駅からバスで30分

大石公園ラベンダーラベンダー
画像:河口湖自然生活館より

飛行機に乗って北海道へ行かなくてもラベンダーが一望できる場所が山梨県にあるなんて。

高温多湿に弱いラベンダーですが、勝手なイメージで富士山麓の河口湖ならば涼しそうに思ってしまうので、ラベンダーも似合いそうです。

河口湖の北岸にある大石公園は河口湖駅がある南岸の向かい側に位置する公園で、目の前に紫色のじゅうたんになるラベンダー、そして河口湖の奥に富士山が見られる超絶景ラベンダースポットになります。

「大石公園ラベンダー畑」は、6月下旬~7月中旬が見頃ですが、まだ訪れた事が無いので、訪れる準備として下調べをまとめてみました。

スポンサーリンク

山梨県のラベンダースポット「大石公園ラベンダー畑」

ラベンダー見頃 6月下旬~7月中旬

2021年度ラベンダーまつりについて

河口湖の「大石公園」がある富士河口湖町では「2021河口湖ハーブフェスティバル」が、6月19日~7月11日まで開催され、富士山と河口湖とラベンダーが一緒に見ることができます。

2021河口湖ハーブフェスティバルパンフレット
2021河口湖ハーブフェスティバルパンフレット

アクセス

電車・バス

最寄り駅

富士急行線・河口湖駅で下車します。

東京駅から中央本線で大月駅で富士急行線に乗り換えて約3時間・2,700円程で行くことができます。

新宿駅から特急利用ならば、約2時間10分・4,300円程になります。

路線バス

河口湖駅から大石公園ラベンダー畑へ行くならば、富士急行バスが運行する「河口湖周遊バス・レッドライン」を利用し、河口湖駅前バスロータリーから発着しています。

下車するバス停は終点「河口湖自然生活館」バス停で下車してすぐです。

河口湖周遊バスの料金は490円で現金またはSuicaなどの交通系ICが利用でき、乗車時間は約30分程です。

河口湖周遊バスのレッドラインは毎日10往復で60分間隔で運行されています。

時刻表

マイカー利用

中央自動車道・河口湖IC下車して国道139号線と通り約10㎞です。

東京から約120㎞・約2時間弱・3,300円程で、河口湖畔の大石公園ラベンダー畑へ行くことができます。

また、年間通して販売されているわけではないのですが、NEXCO東日本ではETC専用の高速道路版フリーパスを期間限定で販売していますので、お出かけ前には要チェックです。

駐車場

大石公園の駐車場が無料で利用できます。

住所山梨県南都留郡富士河口湖町大石2525-11
営業時間いつでも可
料金無料
公式サイト河口湖自然生活館
ラベンダー開花状況
駅からバス河口湖駅からバス利用可

河口湖畔・大石公園ラベンダー畑滞在時間

実際に訪れた時に滞在時間を記載します。

スポンサーリンク

北海道以外で見られるラベンダー絶景スポット

高温多湿に弱い特徴のラベンダーは、北海道以外では栽培が難しく、全国的には数少なく貴重なので、東北・関東・中部・関西・九州で見られる場所は限られています。

北海道へ行けないけどラベンダー畑が見たいと思ったら、紫色の癒しを求めて、近くないかもしれませんが訪れてみてはいかがですか?