冬の十勝エリア観光へ池田ワイン工場とドリカムランドへ無料見学

池田ワイン工場
HOME網走・紋別・知床
北海道帯広・釧路・根室

JALのどこかにマイルで真冬の2月に出かけようと思って申し込んだら、なんと帯広空港!

夏であればラフティングや熱気球やドライブなどのたくさんの大自然とのふれあいが想像できますが、雪に囲まれた極寒の時期は悩みますよね。

そこで帯広からちょっと足を延ばして、真冬でも楽しめる観光地をご紹介いたします。

目次

池田町ブドウ・ブドウ酒研究所いけだちょうぶどう・ぶどうしゅけんきゅうじょ

十勝地方といえば牛乳・チーズなどの乳製品や畜産も盛んな事で有名ですが、ワインも有名で帯広駅から電車でもバスでも行くことができ、特急停車駅のJR池田駅にあります。

根室本線池田駅
JR根室本線 池田駅(2017年2月撮影)

グーグルマップでワイン城までは雪道を歩いて20分ほどで行くことができ、ワインの街という事を感じさせる駅前にコルク抜きのモニュメントがあります。

池田駅コルクモニュメント

このモニュメントは池田駅改札を出て左側にあり、ワイン城へもこのまま真っすぐ歩いていくための目印になっているようで、そのまま歩いて行くとバス停じゃないけどそれっぽい案内板が立っていますので、迷うことなく初めてでも大丈夫でした。

ワイン城案内板

ふと、左奥に目をやるとワイン城が見えてきます。

十勝ワイン城

歩道は雪が凍っていてとても滑りますので慎重に歩かないと転びますので気をつけて歩きましょう。

特に跨線橋の階段は屋根があるけど無意味なほど凍っています!

池田駅跨線橋を通る気動車
こ線橋の下を通過する普通列車

跨線橋を渡り、さらに池田駅を背に進むと左側に登り坂を見つけたら、ほぼ到着です。

正式名称は「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」というそうで、ここは主に3つの施設からできています。

ワイン城

池田駅から歩いて池田ワイン工場へ線路横の道を歩いていると左側に見えてきた建物が、ヨーロッパ中世の古城に似ていることからワイン城と一般的に呼ばれています。

十勝ワイン工場

ワイン工場の無料見学ができ、場内には写真のような熟成室があったり、ワインの製造方法や葡萄栽培の事などを始め、十勝ワインについてパネルや模型などが展示されています。

もちろん池田町内の特産品の販売コーナーやワインの販売コーナーなどのお土産屋さんもありますので欲しいものがいっぱいありますよ。

さらに無料試飲コーナー・有料コーナーもあり、そして4階にはレストランがあり、いけだ牛のステーキなども食べることができます。

メニューは当時も今も変わっていないようですね

ワイン城から見た池田駅

4階テラスから見た池田駅(中央)と日高山脈、広大な眺めですが曇り空がちょっと残念で、さらにそして屋上もあるのですが、冬季閉鎖中でした。

ワイン工場

十勝ワインパネルボード

大きなパネルがあって記憶では、入口が狭く階段を下りて行った記憶しかなくなってしまってます。

正直なところ、ワイン城と中でつながっていたので、展示パネルや模型展示コーナーと一体に見ていたので、工場内の作業風景なども一緒に見ることができます。

その為工場とワイン城の区別がつかず、しかも無料で入場できるので意識して写真撮るのも忘れてしまいました。

ドリカムランド

DREAMS COME TRUEの吉田美和さんがここ池田町出身ということで、DCTgarden IKEDAという施設があります。

ドリカムランドは通称なんですね。ちなみに中は撮影禁止となっていて、ここにはドリカムのライブ衣装や資料などが数多く展示されていましたので、ファンの方にはたまらない施設となっていますので訪れてみてはいかがですか?

池田駅といえば名物駅弁「ステーキ弁当」

10年以上前になりますが、北海道へ行き釧路から札幌に特急「おおぞら」に乗車した時に、車内販売で池田ワインステーキ弁当を注文しておくと、池田駅到着後に出来立てのあったかいお弁当が座席に届きました。

ところが・・・

2017年3月のダイヤ改正で車内販売が廃止されたのでもう注文できなくなってしまいましたが、販売元のレストランよねくらさんが無くなるわけではないので池田駅前にあるお店でステーキ弁当を購入しました。

池田ワインステーキ弁当
池田ワインステーキ弁当

店舗は池田駅正面にあるので、今回購入しました。久々に食べましたがやっぱり美味しい!ので、池田駅といえば有名なワインステーキ弁当忘れずに食べてくださいね。

池田ワインステーキ弁当中身
肉厚のステーキが8枚。できたてのステーキ弁当やっぱり美味しい!

もちろんレストランなので店舗内で食事もできますよ!

店舗内で食べたかったのですが、時間がなかったので次回訪れた時はレストランで食べたいですね。

池田ワイン城滞在時間

帯広駅から池田駅まではJRでもバスでもどちらでも利用できたのですが、帰りの飛行機の時間もありちょうどいい時間帯がJRでした。

電車の待ち時間まで入れると池田駅到着から出発まで約2時間で、そのうち池田ワイン城滞在時間60分でした。

おススメ度
ガッカリ
1
2
3
4
5
満足
波乗りアヒル

実際に訪れた満足度としては、無料試飲だけでは足りずに4階レストランでも数杯ワインを飲んで、つまみを食べて大満足でしたのでまた訪れたいと思いました。

アクセス(電車・バス)

【最寄り駅】JR根室本線・池田駅

JR札幌駅から特急おおぞらに乗車してJR池田駅まで約3時間・7,700円で行くことができますが、青春18きっぷなどで普通列車のみだと時間帯により、7時間~13時間もかかるので現実的ではなさそうです。

また、JR帯広駅からならば特急利用で約20分・860円、普通列車で約30分・540円です。

【路線バス】十勝バス・帯広陸別線

帯広駅から100m程離れた場所に帯広バスターミナルがあり、7番乗り場から帯広陸別線(旧ふるさと銀河線代替バス)に乗り約1時間・620円で、池田駅前バス停下車します。

時刻表

帯広や道東へは、JR北海道のフリーきっぷが安くてお得なので、使わないなんて損ですよ!

アクセス(マイカー・レンタカー)

帯広空港から約40㎞・約1時間で行くことができます。

ワイン城基本情報

住所北海道中川郡池田町清見83
営業時間9:00~17:00
入場料無料
公式サイト池田町ブドウ・ブドウ酒研究所
駅からバス池田駅から徒歩20分

駐車場

ワイン城の駐車場が無料で利用できます。

JALどこかにマイル
画像:JALプレスリリース資料より

日本航空の国内線往復航空券が7,000マイルで交換できる「どこかにマイル」

東京から札幌や福岡なら16,000マイル必要なので半分以下と超お得。

日常生活でマイルを貯めて年2回、旅行に行けるようになりましたのでおススメなので、利用方法をご紹介します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次