大晦日終夜運転と年末年始の運行情報まとめ

チーバくんのつま先にある洲崎灯台へ東京湾と太平洋一望スポットへ

洲崎灯台

千葉県の南西端にあるので千葉県のマスコット「チーバくん」のつま先に位置し、無料で灯台にある展望デッキから海を一望することができます。

空気が澄んでいる日ならば伊豆大島や伊豆半島まで見ることができ、館山駅からバスでも行くことできるので訪れてみてはいかがですか?

目次

洲崎灯台(すのさきとうだい)

房総エリアは海に囲まれていて灯台もいくつかあり、有名なのは南房総の「野島崎灯台」の方が大きいので比べてしまうとちょっと可哀想と思ってしまうほど、こじんまりとしています。

そう感じたのは、周りに何もないからです!

館山駅からはJRバスが運行されていて「洲の崎灯台前」というバス停もありますし、案内板も設置されているので迷わず行くことができますが、駐車場が個人の庭?なのかポストが料金箱になっていて200円と書いてあるだけです。

洲崎灯台駐車場わき階段
洲崎灯台駐車場わき階段

その駐車場に隣接するようにしっかりとした石造りの階段がありますので案内板に従って登ると、今度は草に囲まれた階段を昇ります。

洲崎灯台階段
洲崎灯台階段

すると、あっという間に洲崎灯台に到着しますが、高さ15mほどの小さく白い灯台が見られます。

そして灯台から10mほど先に、これまた小さな展望デッキが作られていて、予想通り地元の人も観光客も誰もいないので貸切状態でした。

洲崎灯台展望デッキ
洲崎灯台展望デッキ

梅雨の時期に南房総のあじさいを見に訪れたので、あいにくの空模様だったので当然ながら伊豆大島も伊豆半島も見られませんでしたが、空気が澄んでいる日ははっきりと見えると案内板に記載されていましたので、また機会があたら立ち寄ってみたいと思いました。

洲崎灯台展望デッキから太平洋
洲崎灯台展望デッキから太平洋

洲崎灯台滞在時間

南房総のあじさいを見に訪れた帰り道に、チーバくんのつま先に灯台があるのでついでに立ち寄っただけでしたので、洲崎灯台滞在時間は15分でした。

おススメ度
ガッカリ
1
2
3
4
5
おススメ
波乗りアヒル

個人的おススメ度は、あまりに何もなかったので、時間があったら立ち寄る程度で十分と感じました。

アクセス(電車・バス)

【最寄り駅】JR内房線・館山駅

東京駅からJR総武快速線で千葉駅まで行き、JR内房線に乗り換えて館山駅まで約2時間30分・2,310円で行くことができます。

また、土日祝限定ですが特急「新宿さざなみ」が1往復運行されているので、特急券込みで3,670円で行くことができますが、20分ほど短縮にはなりますがあまり時間は変わりません。

【路線バス】JRバス関東・洲の崎灯台前バス停

JR館山駅前からJRバス関東の相の浜方面へ行くバスに乗車して約25分・490円で「洲の崎灯台前」バス停を下車して約400m・歩いて5分程です。

時刻表

アクセス(マイカー・レンタカー)

東京駅から首都高・アクアラインを通り、館山道・冨浦IC下車するルートで、東京から約110㎞・1時間50分程・高速代3,000円程で、洲崎灯台へ行くことができます。

駐車場

洲崎灯台の駐車場が1回200円で利用できます。

住所館山市洲崎字大塚1043
営業時間いつでも可
料金無料
公式サイト洲崎灯台(千葉県)
駅からバスJR館山駅からバス利用可
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次