大晦日終夜運転と年末年始の運行情報まとめ

お得なきっぷで電車とバスで行ける関東の紅葉人気スポット

日光三名瀑で紅葉名所!竜頭の滝

竜頭の滝散策1

竜頭の滝といえば、奥日光の紅葉スポットとして大人気なので、コロナ前は訪日外国人と日本人で大混雑して、茶屋の中から見る竜頭の滝が見られる場所にはなかなか近づけない状態でしたね。

さて、コロナ禍の2020年はどうなるかわかりませんが、人気スポットには変わらないので、大渋滞で駐車場待ちに1時間なんて例年通りかもしれませんね。

そこでちょっと時間をずらすだけで駐車場待ちもなく、渋滞にも巻き込まれないようにして竜頭の滝へ訪れてみたいと思いませんか?

住所栃木県日光市中宮祠
営業時間いつでも可
入場料無料
駅からバス日光・東武日光駅から
バス利用可

アーチ形の白い六方沢橋と真っ赤な紅葉

夏は避暑地としてとても涼しい日光の霧降高原ですが、紅葉の時期になると山々が色づき眼下に広がる色鮮やかな景観を楽しむことができます。

六方沢橋や六方沢橋駐車場からは、遠くにダム湖や今市市街も見ることができ、ハイキングコースも整備されているので、紅葉を楽しみながら散策をしてみてはいかがでしょうか?

住所栃木県日光市瀬尾
営業時間いつでも可
入場料無料
駅からバス路線バス廃止

日光湯ノ湖・兎島の紅葉絶景

日光東照宮から始まっていろは坂・明智平・中禅寺湖・竜頭の滝・戦場ヶ原と奥日光を進んで行った最終に奥日光湯元温泉があり、東武鉄道のフリーパス「まるごと日光・東武フリーパス」で行ける一番奥地になります。

竜頭の滝までは紅葉の見頃となる時期は平日でも大渋滞となり、日光駅から通常40分程で中禅寺湖・華厳の滝、50分程で竜頭の滝へ行くことができますが、2倍の時間がかかることがごく普通になっていますよ。

そしてここを切り抜けて進むと湯ノ湖・湯元温泉に行くことができ、比較的空いているので足を延ばして訪れてみてはいかがですか?

住所栃木県日光市湯元
営業時間いつでも可
入場料無料
駅からバス日光・東武日光駅から
バス利用可

滝壺目前まで行ける湯滝・湯ノ湖

紅葉と滝を見られることで有名な日光・竜頭の滝は紅葉の時期になると駐車場渋滞で、長い時間待たされた経験をお持ちの方も多いと思いますが、さらに奥地の奥日光の戦場ヶ原の先には比較的すいている穴場スポットをご存知ですか?

車で5分程または、ハイキングコースを歩いて5キロほど90分程で行くことができる湯滝・滝の上にある湖の湯ノ湖へ行くと竜頭の滝の大混雑がウソのように空いているので、自由気ままに紅葉を楽しむことができますので、ぜひ訪れてみてはいかがですか?

住所栃木県日光市湯元
営業時間いつでも可
入場料無料
駅からバス日光・東武日光駅から
バス利用可

日本一のもぐら駅「土合」からも徒歩25分でロープウェイへ

天神平谷川岳
夏の天神平谷川岳

谷川岳ロープウェイに乗って谷川岳天神平スキー場として冬は多くのスキーヤーに楽しまれていますが、夏は避暑地スポットとして気温22℃の涼しさを体感でき、さらに秋は一面オレンジ色に染まった景色を一望できる紅葉スポットになります。

JR上越線水上駅からバスで行くこともできるし、地下に駅があり地上に上がるのに482段の階段を20分ほどかけて登らないといけない土合駅から徒歩で行くこともできるので、気分転換に一度訪れてみてはいかがですか?

住所群馬県利根郡みなかみ町
湯檜曽湯吹山国有林内
営業時間8:00~17:00(休日7:00~)
入場料大人往復2,100円
駅からバス水上駅からバス路線利用可

国営ひたち海浜公園の紅葉

国営ひたち海浜公園のみはらしの丘に約32,000本のモコモコした形が愛らしい、ホウキ草ともいわれているコキアが植えられています。

夏は緑色なのですが、9月下旬ごろから黄緑色になり、10月下旬には真っ赤に染まります。

このみはらしの丘はSNSの影響で茨城県はもとより、世界中から訪日外国人が訪れる超人気観光スポットになっていますので大混雑します。

少しでも空いている時間帯・人の少ない写真を撮りたいなどは、9:30開園と同時に訪れることをおススメしますよ。

住所茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町552-18
営業時間9:30~17:00(季節により変動)
入場料450円(中学以下290円)
駅からバス勝田駅からバス利用可

日光紅葉の大本命の人気スポット中禅寺湖

中禅寺湖観光の中禅寺温泉バスターミナルから華厳の滝や中禅寺湖畔散策へ紅葉を楽しみに訪れる方も多いと思います。

紅葉見頃になるといろは坂からの大渋滞に巻き込まれ1時間以上、マイカーに閉じ込められてしまった経験をされた方も多いと思います。

さらに駐車場待ちなんて事も。

少しでもイライラからの解放には、お得なまるごと日光東武フリーパスを使ってお得に快適に日光紅葉観光を楽しんでみませんか?

住所栃木県日光市中宮祠
営業時間いつでも可
入場料無料
駅からバス日光・東武日光駅から
バス利用可

日光穴場スポット中禅寺湖展望台

中禅寺湖観光の中禅寺温泉バスターミナルから華厳の滝や竜頭の滝などの本命は大混雑するので、紅葉シーズン真っ只中でも空いていて中禅寺湖を上から見下ろせる中禅寺湖展望台へ行ってみませんか?

中禅寺湖から竜頭の滝まで渋滞で50分も巻き込まれる交通情報が出ていても僅か10分で展望台に渋滞避けて行くことができますよ。

住所栃木県日光市足尾町
営業時間7:00~17:00以外通行止め
入場料無料
駅からバス日光・東武日光駅から
バス利用可

半月山駐車場からプチ登山20分で展望台

最近インターネットや雑誌などで日光を紹介する時によく見る機会がある、中禅寺湖を上から撮った写真の場所ってどこだろうって思いませんでしたか?

行ってもたら納得、ちょっとした登山になるので重装備になるテレビ機材は難しいからなので、日光の穴場紅葉スポットをぜひ見に行ってみませんか?

住所栃木県日光市足尾町
営業時間7:00~17:00以外通行止め
入場料無料
駅からバス日光・東武日光駅から
バス利用可

関東では貴重な床に反射した逆さもみじが見られる宝徳寺

床もみじ
画像:宝徳寺より

京都でたくさんのお寺で見られる本堂の床に映り込んで真っ赤な紅葉が見られる床もみじが、関東では貴重で群馬県桐生市にある宝徳寺で見ることができます。

ここ数年SNSなど話題沸騰の紅葉名所になり期間中かなり混雑しますが、床もみじを見られる期間も長く、ライトアップも行われるので貴重な床もみじが電車とバスで行くことができるのでぜひ見に訪れてみませんか?

住所群馬県桐生市川内町5-1608
営業時間①前半10/19~11/13 09:00~16:00
②後半11/14~11/29 10:00~16:00
入場料①前半 500円   駐車場無料
②後半 1,000円 駐車場500円
駅からバス桐生駅からバス利用可

世界遺産の東照宮・輪王寺・二荒山神社の紅葉とライトアップ

2017年に約半世紀ぶりの大修理を終え、1999年に世界遺産に登録されている、日光東照宮・日光山輪王寺・日光二荒山神社等の建造物群と周辺の自然景観が「日光の社寺」。

普段からオーバーツーリズム状態で大混雑して、日光駅からのバスに乗り切れずに歩いて東照宮まで言った経験もあるのですが、紅葉の時期はやっぱり訪れたい紅葉観光スポットですよね。

コロナ禍の2020年は訪日外国人がほぼいない状態になりそうなので、空いていると思われますが、海外旅行に行けないので国内回帰でやっぱり混雑するのではないかと言われていますが、朝8時ぐらいを目安に訪れれば、とてもビックリするぐらい空いていますのでぜひ訪れてみてはいかがですか?

住所栃木県日光市山内2301
営業時間9:00~16:00
(10月まで17:00)
入場料高校以上1,300円
中学以下450円
駅からバス日光・東武日光駅から
バス利用可

鹿飛橋と白絹の滝へ吾妻渓谷の絶景ビュースポットへ

吾妻渓谷渓谷パーキング
吾妻渓谷 2019年11月

何かと話題の群馬県の八ッ場ダムの近くにある吾妻渓谷は、吾妻川の水が侵食して深い峡谷を作った為に、自然にできた谷深い峡谷となっています。

その吾妻側の周りの木々が色づいて川の流れ、白絹の滝を赤・黄色・緑と色鮮やかなコントラストの紅葉を見ることができます。

駐車場も無料で利用でき、紅葉の時期は東吾妻町がシャトルバスを運行するのでマイカーでもバスでも吾妻峡谷の紅葉を見に行くことができますので、ぜひ訪れてみませんか?

住所 群馬県吾妻郡東吾妻町
営業時間いつでも利用可
入場料無料
駅からバス岩島駅から
シャトルバス利用可

霧降の滝バス停から観瀑台まで340m徒歩で10分

日光三名瀑「華厳の滝」「裏見の滝」「霧降の滝」といわれ、年間を通じて観光に訪れる人が多い近畿スポットで、夏は避暑地として秋は紅葉絶景を楽しめる観光スポットです。

霧降ノ滝は上下2段に分かれていて高低差75mあり、近くまでは行けないのですが霧降の滝観瀑台からは、広大な景色を見ることができ、日光駅・東武日光駅から東武バスで行くことができますので、ぜひ訪れてみてはいかがですか?

住所栃木県日光市所野
営業時間いつでも可
入場料無料
駅からバス日光・東武日光駅から
バス利用可
1 2 3 4 5 6 7
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次