富戸駅から徒歩で宇根展望台へ伊豆観光の穴場スポットで絶景独占

宇根展望台旅の器
宇根展望台

春と言えばやはり桜の観光スポットを巡り、春を感じるプチ日帰り旅行を楽しみに休日をすごしたいものですね。

今回は青春18きっぷ1回分が余っていたので、桜の咲いていそうで天気も晴れたいたので、海沿いを歩ける場所と思い、たまたまテレビでやってたので電車で約2時間半かけ海の吊り橋で有名な城ヶ崎海岸へ行ってきましたので、参考になったら幸いです。

スポンサーリンク

富戸駅の超穴場の絶景スポット

アクセス

電車・バス利用

最寄り駅

伊豆急行線・富戸駅で下車します。

東京からJR東海道本線で熱海駅まで行き、JR伊東線(伊豆急行線直通運転)に乗り換えて富戸駅まで約3時間・2,810円で行くことができます。

または特急「踊り子号」利用で熱海駅乗り換えで約2時間10分・4,390円、熱海駅まで東海道新幹線「こだま」利用(自由席4,570円)で約1時間45分で行くことができます。

また、青春18きっぷが利用できる期間であればで東京~伊東間はJR線なので利用可能で、伊豆急行線は別途500円(Suicaだと503円と割高になります)です。

路線バス

伊東駅からぐらんぱる公園行きバスがありますが7時台1本と17時台・18時台の各1本の1日3本しかありません。

その為に最寄り駅の「富戸駅」から約800mなので歩いて行くことをおススメします。

駅は高台にあるので坂を下るだけなので、歩いてみると結構景色もいいので楽しいですよ。

時刻表

伊豆方面へお出かけするならばお得なフリーきっぷがたくさんあるので、使わなきゃ損ですよ。

マイカー利用

小田原箱根道路・伊豆スカイラインを通り、東京から約150㎞・3時間程・3,080円で宇根展望台へ行くことができます。

また、年間通して販売されているわけではないのですが、NEXCO中日本ではETC専用の高速道路版フリーパスを期間限定で販売していますので、お出かけ前には要チェックです。

駐車場

有名観光スポットではないので、宇根展望台に当然ながら駐車場はありません。

伊豆のメイン国道135号線からも離れている、県道109号線からさらにすれ違い不能の細い道なので、車で見つけることは困難だと思います。

ナビでセットしなくてはいけないので、たまたま見つけることは難しいと思います。

住所 静岡県伊東市富戸474
営業時間いつでも可
料金無料
公式サイトなし
駅からバス富戸駅から徒歩15分(800m)

宇根展望台滞在時間

訪れたのは2017年4月6日11:00頃で、電車は春休みなのでそこそこ混雑していましたが、富戸駅で降りる人はほとんどいませんし、おそらく土日でも人はほとんどいないと思います。

もともと宇根展望台を目指していたわけではなく、城ケ崎ピクニカルコースを散策するのにひとつ手前の富戸駅から海岸線を歩いて行こうと下車したので、たまたま見つけて立ち寄っただけなので宇根展望台滞在時間20分でした。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

私自身が訪れた時に要した滞在時間なので、最低限これぐらいの時間を計算してスケジュールを立てれば、バスや電車に乗り遅れる事が無い参考時間と思っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

駿河湾を一望できて独占貸切の宇根展望台

宇根展望台から
宇根展望台から

富戸駅を降りたのわずか数名、改札を出て左に曲がり道なりに坂を降りて郵便局が見えたら手前の交差点を右に曲がります。

そしていびつな形の最初の交差点を左に曲がり、T字路にぶつかったらまた左に曲がります。

するとバスも通る県道にぶつかると目の前に看板発見、ここまで約10分です。

宇根展望台案内板
目印はこれだけ

車で走っていたら絶対に気づかない小さな看板です。

特に急いでいるわけでもなかったので、看板に誘われるように気になったので行ってみる事にしましたが、全く聞いたことも無い展望台。

宇根展望台への狭い道
宇根展望台への狭い道

車がすれ車がすれ違うことは不可能な狭い道を歩いて、分かれ道を左に曲がりますが、期待より本当に展望台があるのか不安になるような道のりです。

なぜなら、富戸駅で降りて宇根展望台まで徒歩15分間、誰一人として歩いてすれ違う人がいませんでしたからね。

宇根展望台への道のり2
行き止まりと思いきや

行き止まりじゃないかと思いましたが、よく見ると左にさらに細い道が続いています。

数十メートル歩くと寂しげな展望台がひっそりと見えました!あれかな?

宇根展望台の姿
宇根展望台の姿

何度も失礼なのですが、全く無名の宇根展望台ですが、展望台と言ってもやっぱり寂しいですよね。

宇根展望台1
遠くに薄っすら伊豆大島が見えます

近づいてみたのですが、やっぱり何もなさそうでしたが、宇根展望台に登ってみると案内板が設置されているだけでした。

宇根展望台案内板
宇根展望台案内板

でも誰もいないので絶景を独り占めでき、海風も心地よく気持ちよかったですよ。

誰もいないから映り込みのないパノラマ写真も撮れました。

伊豆・宇根展望台北
伊豆・宇根展望台北側(クリックで拡大します)
伊豆・宇根展望台南
宇根展望台南側(クリックで拡大します)

ここ宇根展望台から城ケ崎海岸まで歩くと、吊り橋まで1時間ちょっとかかりますが、海沿いの散策歩道を歩くので、とても気持ちいですよ。

散策道は城ケ崎ピクニカルコースという名前で、海沿いの散策コースになっていて海風を感じながらハイキングできますよ。

旅の器
スポンサーリンク



とりっぷぼうるをフォローする
とりっぷぼうる