伊豆観光の穴場スポットで絶景を独り占め宇根展望台

伊豆・宇根展望台旅の器

春と言えばやはり桜の観光スポットを巡り、春を感じるプチ日帰り旅行を楽しみに休日をすごしたいものですね。

今回は青春18きっぷ1回分が余っていたので、桜の咲いていそうで天気も晴れたいたので、海沿いを歩ける場所と思い、たまたまテレビでやってたので電車で約2時間半かけ海の吊り橋で有名な城ヶ崎海岸へ行ってきましたので、参考になったら幸いです。

スポンサーリンク

ひとつ手前の富戸駅で見つけた宇根展望台

伊豆急行線の川奈駅と城ケ崎海岸駅が有名過ぎて、間に挟まれてしまった富戸駅は観光スポットとしては無名です。

当然富戸駅から徒歩で宇根展望台へ行けるのですが、案の定隠れた絶景スポットになっています。

誰もいないので景色を独り占め!

快晴だったので、ひと駅手前で降りて歩いて行こうと思ったらたまたま見つけました。

城ヶ崎海岸観光スポットから外れている?宇根展望台

城ヶ崎海岸の海の吊り橋は観光スポットとして有名です。

そこでついでに観光できる周辺を探せば、いくつか観光スポットが見つかりますが、宇根展望台を見つけることができませんでした。

宇根展望台案内板

たまたま、一つ手前の富戸駅で降りて海沿いを歩いてのんびり散歩しようと思って降りたのが運がよかったのですね。

こんな小さな看板がたまたま目に入っただけでした。

宇根展望台へのアクセス

【電車】

最寄り駅

最寄り駅は伊豆急行線・富戸駅で、東京駅から東海道本線で熱海駅へ行き、JR伊東線経由で伊豆急行線で富戸駅へ約2時間半(2,760円)の電車旅です。

今回は、青春18きっぷを利用したのでJR伊東駅から伊豆急行線富戸駅までの490円(片道)で行くことができました。

JR伊東線と伊豆急行線はほとんどの電車が相互直通運転しているので、接続駅のJR伊東駅での乗り換えをする必要がありません。

富戸駅から

富戸駅からは徒歩15分です。

改札も出口も1か所で、富戸駅は高台にあるので、海を目指して道なりに歩いて行けば宇根展望台へたどり着くことができます。

マイカー利用

有名観光スポットではないので、宇根展望台に当然ながら駐車場はありません。

伊豆のメイン国道135号線からも離れている、県道109号線からさらにすれ違い不能の細い道なので、車で見つけることは困難だと思います。

ナビでセットしなくてはいけないので、たまたま見つけることは難しいと思います。

滞在時間目安・料金

訪れたのは平日の4月6日11:00頃で、電車は春休みなのでそこそこ混雑していましたが、富戸駅で降りる人はほとんどいませんし、おそらく土日でも人はほとんどいないと思います。

なぜなら、富戸駅で降りて宇根展望台まで徒歩15分間、誰一人として歩いてすれ違う人がいませんでしたからね。

車も県道なのにほとんど通っていませんでした。

滞在時間は約20分、もちろん誰もいないので独占状態。

海風にあたりながら、写真も自由に取れるししばらく絶景独占を堪能するのもいいですよね。

宇根展望台

何度も失礼なのですが、全く無名の宇根展望台。

展望台と言ってもやっぱり寂しいですよね。

宇根展望台1

誰もいないから映り込みのないパノラマ写真も撮れました。

伊豆・宇根展望台北

伊豆・宇根展望台北側(クリックで拡大します)

伊豆・宇根展望台南

宇根展望台南側(クリックで拡大します)

ここ宇根展望台から城ケ崎海岸まで歩くと、吊り橋まで1時間ちょっとかかりますが、海沿いの散策歩道を歩くので、とても気持ちいですよ。

コメント