伊豆日帰り観光で城ケ崎ピクニカルコースを60分程ハイキング

城ケ崎ピクニカルコース3旅の器

予想外に発見した誰もいない絶景を独占して伊豆大島まで見渡せる宇根展望台を後にして、海沿いに歩いて城ヶ崎海岸を目指して移動を開始したところから、城ケ崎ピクニカルコースを訪れた時の感想を記載しています。

宇根展望台については下記をご覧くださいませ。

スポンサーリンク

海岸線沿いに整備された遊歩道

アクセス

電車・バス利用

最寄り駅

伊豆急行線・富戸駅で下車します。

東京からJR東海道本線で熱海駅まで行き、JR伊東線(伊豆急行線直通運転)に乗り換えて富戸駅まで約3時間・2,810円で行くことができます。

または特急「踊り子号」利用で熱海駅乗り換えで約2時間10分・4,390円、熱海駅まで東海道新幹線「こだま」利用(自由席4,570円)で約1時間45分で行くことができます。

また、青春18きっぷが利用できる期間であればで東京~伊東間はJR線なので利用可能で、伊豆急行線は別途500円(Suicaだと503円と割高になります)です。

路線バス

伊東駅からぐらんぱる公園行きバスがありますが7時台1本と17時台・18時台の各1本の1日3本しかありません。

その為に最寄り駅の「富戸駅」から約800mで宇根展望台にたどり着き、ここから約1.6㎞・20分程歩くと城ケ崎ピクニカルコースへ行くことができます。

または、城ヶ崎海岸駅から約2㎞・25分歩いても行くことができます。

時刻表

伊豆方面へお出かけするならばお得なフリーきっぷがたくさんあるので、使わなきゃ損ですよ。

マイカー利用

小田原箱根道路・伊豆スカイラインを通り、東京から約150㎞・3時間程・3,080円で城ケ崎ピクニカルコースへ行くことができます。

また、年間通して販売されているわけではないのですが、NEXCO中日本ではETC専用の高速道路版フリーパスを期間限定で販売していますので、お出かけ前には要チェックです。

駐車場

有名観光スポットなので、周辺に有料駐車場が点在していて1日500円~800円ぐらいで利用できますが、城ヶ崎海岸付近の吊橋や灯台の方にあります。

ただし夏季期間は海やプールの繁忙期になるので1,000円~に価格が高くなります。

住所 静岡県伊東市富戸
営業時間いつでも可
料金無料
公式サイトなし
駅からバス富戸駅から徒歩35分(2.4km)

城ヶ崎海岸ピクニカルコース滞在時間

訪れたのは2017年4月6日12:00頃で城ケ崎ピクニカルコース入口から城ヶ崎の名所と言われている断崖絶壁の門脇吊橋まで約3㎞の遊歩道を60分かけて歩きましたので、城ヶ崎海岸ピクニカルコース滞在時間60分です。

今回の富戸駅下車から宇根展望台に立ち寄って、城ケ崎ピクニカルコースを歩いて走破するまでの滞在時間はトータル2時間経過していました。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

私自身が訪れた時に要した滞在時間なので、最低限これぐらいの時間を計算してスケジュールを立てれば、バスや電車に乗り遅れる事が無い参考時間と思っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

城ケ崎ピクニカルコース遊歩道

富戸漁港付近
富戸漁港付近

観光名所の吊り橋のある城ケ崎海岸。

伊豆急・城ヶ崎海岸駅から直接行くものいいですが、一つ手前の富戸駅から歩いて、海岸線沿いの遊歩道を景色を見ながらハイキングすると絶景を見ながら歩くことができますよ。

この遊歩道は「城ケ崎ピクニカルコース」といい、整備されているので山登りのような重装備ではなく、運動靴で大丈夫ですよ!

宇根展望台から海岸沿いの道路を歩いていると伊豆大島が遠くに薄っすらと見ることができます。

富戸から伊豆大島
富戸から伊豆大島

4月6日と言えども、日差しを浴びながら海岸線の道路を歩くと汗だくになりますが、途中お店も無いのでペットボトルの水分補給できるように事前に準備が必要です。

それでも景色は最高にリフレッシュできますよ。

宇根展望台から20分程歩くと、少し高台になっていてさっきまでいた宇根展望台を見ることができます。

対岸の宇根展望台
対岸の宇根展望台

途中手作りっぽい案内板やゴリラが誘導してくれるので迷う事はありませんでした。

城ケ崎ピクニカルコース看板ゴリラ

意外とあっという間に城ケ崎ピクニカルコース入口に到着でき、宇根展望台に寄っても富戸駅から60分で城ケ崎ピクニカルコース入口へ到着しました。

城ケ崎ピクニカルコース看板

ここからある程度整備された海岸沿いの遊歩道で、歩きだすとすぐに古めかしい小屋を見ることができます。

富戸の魚見小屋
富戸の魚見小屋

富戸の魚見小屋というのですが、今はもちろん使われていませんが、1950年頃まで魚を富戸の入り江に追い込んで漁をしていた時の指示を出していた場所で、寝泊りもできたそうです。

現在は静岡県の指定文化財になっていて保存修復もされて現在の保存状態となっていますので、中に入ることはできないので、このように遠くから見るだけになっています。

富戸の魚見小屋から駿河湾
富戸の魚見小屋から駿河湾

位置的にも見通しが良くて指示出しの場所としては最高ですね。きっと眺めもいいのでしょうね。

富戸の魚見小屋案内板
富戸の魚見小屋案内板

富戸の魚見小屋から5分程歩くと釣具屋さんの駐車場を通り過ぎると、桜も綺麗に咲いているのを見られ、4月ならではの青春18きっぷでお得に訪れる事もでき季節的にも最高ですね。

城ケ崎ピクニカルコース2

駐車場からまたピクニカルコースを登って行くと、ジオパークらしい自然を感じることができます。

城ケ崎ピクニカルコース崖と松と海
城ケ崎ピクニカルコース崖と松と海

遊歩道を歩いて松の木の反対側まで行くと岩が海に突き出ていて歩いて行けるようになっていますが、海に落ちそうになる事は無いので、天気が悪く波が高くなければ行くことができます。

城ケ崎ピクニカルコース崖の上
城ケ崎ピクニカルコース崖の上

歩くと暑くて汗をかくのですが、城ケ崎ピクニカルコースは木陰の中を歩いたり、海風に当たれば涼しくちょっと休んでいたら、何の種類か分かりませんが野鳥も休んでいました。

城ケ崎ピクニカルコース溶岩の上の鳥

ここからどんどん登って行くコースになっていて近づくと危険を感じるような場所もあります。

ピクニカルコースを歩き始めて約60分で、城ヶ崎海岸の「かどかけ」という場所に到着できました。

城ヶ崎海岸波

これで約3㎞の城ケ崎ピクニカルコースは終了です。

城ケ崎吊り橋の手前
城ケ崎吊り橋の手前

あとは吊り橋を渡って灯台に登って、桜並木を通って城ヶ崎海岸駅へ行きましたが、ちょっと長くなったので、続きは別ページにまとめました。

城ケ崎以外にも青春18きっぷで行ける静岡県の絶景スポットへ出かけてみませんか?

旅の器
スポンサーリンク



とりっぷぼうるをフォローする
とりっぷぼうる