熱海観光は富士山絶景スポット十国峠へ滞在時間80分

十国峠からの富士山旅の器

熱海といえば温泉と海で有名な首都圏の観光スポットで、東京から新幹線で約50分、在来線でも約2時間弱で行くことができます。

せっかく熱海へ行くならば、富士山の絶景スポットでもある十国峠(じっこくとうげ)を行かずに帰るのはとても損していますよ!

スポンサーリンク

東京から十国峠まで約3時間

アクセス

電車・バス

最寄り駅

東京駅から東海道新幹線で熱海駅へ行きます(約45分・3,740円)

青春18きっぷのシーズンならば2,410円で東京から往復利用できるので、往復新幹線を利用すると8,000円程になるので熱海までならば東海道本線でも乗り換えなしで2時間ぐらいなので、青春18きっぷでもそれほど苦にならないと思いますよ。

熱海駅からバス

熱海駅から「十国峠」へは元箱根行きバスに乗っていきます。

バス停は「十国峠登り口」下車(600円)で、ここからケーブルカー(約15分毎)で約3分程で十国峠山頂にたどり着きます。

マイカー

東京から東名自動車道・厚木JCTで小田原厚木道路に入り、終点箱根口ICから国道1号(箱根新道)を通り、県道20号線に入り箱根十国峠レストハウスまで約100km・約1時間30分程(ETC2,650円)です。

また、年間通して販売されているわけではないのですが、NEXCO中日本ではETC専用の高速道路版フリーパスを期間限定で販売していますので、お出かけ前には要チェックです。

駐車場は、十国峠ケーブルカーレストハウスセンター前駐車場が無料で利用できます。

十国峠駐車場
十国峠ケーブルカーレストハウス前の無料駐車場
住所静岡県田方郡函南町桑原1400-20
営業時間8:50~16:50
料金(往復)大人730円 子供370円
公式サイト十国峠ケーブルカー

訪れたのは2018年12月25日で青春18きっぷを使って熱海駅まで行き、伊豆箱根バスで十国峠まで行きましたが、最近熱海は人気観光エリアになっているので、冬休みで混雑しいると予想していましたが、バスに乗ったのわずかでガラガラ。

渋滞もなく、混雑もなく、自由気ままに動くことができたので、十国峠滞在時間80分でたっぷり楽しめました。

滞在時間目安

私自身が訪れた時に要した滞在時間なので、最低限これぐらいの時間を計算してスケジュールを立てれば、バスや電車に乗り遅れる事が無い参考時間と思っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

富士山と10の国が見られる十国峠

十国峠とは、旧国名で伊豆・駿河・遠江・甲斐・信濃・相模・武蔵・上総・下総・安房の十の国がここから見渡せたことに由来するそうで、晴れた日は十国峠山頂からこれら10の国が見渡せる場所なのです。

今で言う、静岡県・神奈川県・山梨県・千葉県・東京都が一望でき、富士山も見渡せる場所なんですね。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

晴れているんだけど、富士山の辺りだけ雲がかかってよく見えない、残念。

十国峠からの富士山
そこに富士山があるに雲が邪魔、運がないね

東京駅発7:01の東海道本線に乗り、熱海駅に到着したのは9:00で天気は冬の快晴とならば、富士山の絶景を見られそうな天気ですよね。

熱海駅

熱海駅
熱海駅2番バス乗り場から見た熱海駅

伊豆箱根バスの十国峠へのバスクーポン「絶景富士山乗車券」の購入は、伊豆箱根バス熱海駅前案内所で購入しました。

案内所の場所は、熱海駅を出た正面左奥にあり、この写真の方向に真っすぐ行くとあります。

伊豆箱根バス熱海駅前案内所
正面のトイレの奥に案内所があります

十国峠へのバスクーポン「絶景富士山乗車券」を購入したらバス乗り場へ行き、熱海駅のバスターミナル2番から「元箱根行き」伊豆箱根バスで十国峠へ行くことができます。

熱海駅のバスターミナルの場所は改札口を出て左へ曲がり真っすぐ数十メートルのところにありますよ。

上記写真の左(屋根がある)方向に真っすぐです!

元箱根行きバス
たったの8本

元箱根行きのバスは1日たったの8本しかありませんし、最終バスが14:18って早すぎですって思いながら始発のバス9:18に乗車しますが、9:00に熱海駅についてから改札を出てバスクーポンを購入してから2番のりばまで10分しかかからな方ので、ここで8分待ち。

9:18の始発バスに乗り出発!なのですが、箱根の山に向かって行くはずがなぜか海沿いに出てぐるっと遠回りして、やっとJRの高架下をくぐって。

路線バスだから遠回りも仕方がないかなって思っていると、今度は細い山道をグングン登っていくのですが、右に左に振られるので座っていても手すりをつかんでいないと危ないですよ。

そしてバスに揺られること約40分で「十国峠登り口」バス停に到着しました。

十国峠レストハウス

「十国峠登り口」バス停の目の前がレストハウスになっていて、店内を通って2階へ上がればケーブルカー乗り場に到着します。

十国峠レストハウス
右端にバス停があります

ケーブルカーは15分おきに出発するのそんなに待つことがありませんし、約3分程で山頂に到着しました。

十国峠ケーブルカー
十国峠ケーブルカー

山頂駅2階には、十国峠の写真が多数飾ってあったりキッズコーナーもありました。

途中までは晴れていたのですが、雲が湧いてきてしまって十国峠に到着した頃にはほとんど見えなくなってしまいました。

雲に隠れた十国峠からの富士山
雲に隠れた十国峠からの富士山
波乗りアヒル
波乗りアヒル

こんなに晴れているのに富士山だけ雲って運が無さ過ぎ

富士山と反対側の真鶴方面は綺麗に見ることができ、遠くには横浜方面かな?薄っすらとビル群が見えました。

十国峠から真鶴
十国峠から真鶴
十国峠から横浜方面
十国峠から横浜方面

方角が分からないけど、こっちは熱海か沼津方面なのかな?

十国峠から沼津方面
富士山が右だからどっちだ?

こんな感じで山頂にいても、15分も時間稼げないですよね。

帰りのバスまでまだ1時間もあるので、山頂駅で時間をつぶしているとほんの僅かだけ富士山の山頂が見えてきました。

十国峠から富士山
十国峠から富士山

残念ながら奇跡はここまでで、またすぐに雲の中に富士山は隠れてしまいました。

ケーブルカーに乗って1階のレストハウスに戻り、11:30発のバスで熱海駅に戻りました。

帰りのバスはルートが若干違うので、約30分程で熱海駅に到着できました。

熱海駅を9:17に出発して、十国峠滞在時間80分、熱海駅に戻ってきたのが12:00なので熱海駅から十国峠を観光して戻ってくるのに約3時間の観光時間って感じですね。

スポンサーリンク

波乗りアヒル
波乗りアヒル

またチャレンジしたいと思いますが、パンフレットのような写真が撮れる日が来るのでしょうか?

十国峠パンフレット
十国峠パンフレットの写真

お得なクーポン

十国峠山頂までは、バス片道640円とケーブルカー片道360円でそれぞれ往復で2,000円ですが、伊豆箱根バス発行の 「絶景富士山乗車券」 利用で1,200円なので、使わない手はないですね。

絶景富士山乗車券
絶景富士山乗車券

クーポンの詳細については、熱海エリアフリーパス一覧にまとめて掲載していますので、ここでは省略します。

スポンサーリンク

青春18きっぷ行程

2018年12月25日当時のダイヤです

青春18きっぷで十国峠行程
  • 07:01
    東京駅発

    JR東海道本線・熱海行

  • 08:59
    熱海駅着

    伊豆箱根バス熱海駅前案内所で「絶景富士山乗車券」購入

  • 09:18
    熱海駅発

    伊豆箱根バス・元箱根行

  • 09:54
    十国峠登り口バス停着

    ケーブルカーに乗って(3分)十国峠山頂へ(滞在80分)

  • 11:30
    十国峠登り口バス停出発
  • 12:00
    熱海駅着

    熱海駅周辺でちょっとのんびりお昼ご飯

  • 14:13
    熱海駅発

    JR東海道本線・快速アクティー小金井行

  • 15:47
    東京駅着
    • トータル時間 8時間50分
    • 別途追加料金 1,200円(絶景富士山乗車券)

コメント