権現堂公園の100種16,000株のあじさいへ幸手駅からバスで10分

権現堂公園のあじさいアナベルあじさい穴場
権現堂公園のあじさいアナベル
あじさい穴場スポット・名所
関東 茨城 千葉 栃木 群馬 埼玉 東京 神奈川

埼玉県であじさいの名所と言えばまず最初に取り上げられるのが、幸手市の権現堂公園のあじさいが有名です。

ここ権現堂公園と言えば、1,000本のソメイヨシノの桜並木や菜の花がとても綺麗に見られる場所の方が有名かもしれませんね。

2021年は新型コロナウィルス感染拡大防止の為に、権現堂公園駐車場は閉鎖されていますので電車とバスならば無料で楽しむことができます。

権現堂公園のあじさいは6月中旬~下旬が見頃となっていますので、ぜひ訪れてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

埼玉県のあじさいスポット「権現堂公園」

あじさい見頃 6月中旬~6月下旬

2021年度あじさいまつりについて

新型コロナウィルス感染拡大予防の為に例年行われている「あじさいまつり」は中止となっています。

また、2021年6月20日まで駐車場は全て閉鎖していますので、訪れる際は電車とバスならば無料であじさいを楽しむことができます。

また峠の茶屋も営業しているのでソフトクリームや軽食を食べることができます。

権現堂公園峠の茶屋

アクセス

権現堂公園あじさい入口
右側のあじさいはまだまばらに咲いています

電車・バス

最寄り駅

東武日光線・幸手駅で下車します。

浅草駅からスカイツリーラインで南栗橋行に乗り幸手駅まで約1時間10分・660円で行くことができます。

幸手駅から権現堂公園のあじさいスポットまで約2㎞ちょっとで歩くと30分ぐらいで行けました。

路線バス

幸手駅から権現堂公園のあじさいを見に行くには、朝日自動車の路線バスで「五霞町役場行き」または「辰堂」行きバスを利用し、幸手駅東口バスロータリーより発着しています。

下車するバス停は「権現堂」バス停下車してすぐ目の前ですが、バス停の位置が公園の東端なので、アナベルという真っ白なあじさいが一面に広がる光景で有名な、権現堂公園中央部(駐車場の場所)までは公園内を歩いて10分程かかります。

朝日自動車の路線バスの料金は180円で、Suicaなどの交通系IC利用ならば178円になり、乗車時間は時間帯により6分~15分と交通状況により異なります。

幸手駅から権現堂までのバスは1時間に1本です。

時刻表
権現堂バス停時刻表
あじさいエリアから1㎞離れています

マイカー利用

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)・幸手IC下車して国道4号線を通り約5㎞です。

東京から約60㎞・1時間程・約2,000円で権現堂公園へ行くことができます。

また、年間通して販売されているわけではないのですが、NEXCO東日本ではETC専用の高速道路版フリーパスを期間限定で販売していますので、お出かけ前には要チェックです。

駐車場

駐車場は桜まつり期間を除き無料で利用できますが、6月20日まで閉鎖されています。

権現堂公園あじさい滞在時間

訪れたのは2021年6月10日の9:30頃で、ちょっと満開までには早かったと思いますが、あじさいはすでに咲き始めていたのでそこそこアジサイを目当てに訪れている人がいました。

JAの直売所の横の横断歩道を渡り権現堂公園に入り、ヤギ小屋や目当てのアナベルという真っ白なあじさいが一面に広がる光景で有名な、権現堂公園中央部(駐車場の場所)をひと回りして滞在時間約30分でした。

まだ満開と言う訳ではなさそうでしたので、もうしばらく満開にはかかりそうですね。

住所埼玉県幸手市内国府間
営業時間いつでも可
料金無料
公式サイト権現堂公園
あじさいの最新開花状況
駅からバス東武幸手駅からバス利用可

権現堂公園のあじさいと言えばアナベル

権現堂公園のあじさいアナベル
権現堂公園のあじさいアナベル

埼玉県のあじさい有名スポットで検索すると、斜面一面真っ白に咲いたあじさいの写真が掲載されていますね。

あじさいの品種のひとつで、ふわっとこんもりとボリューム感のある形をしています。

権現堂公園のあじさいアナベル白

この形のあじさいが一面に広がっている場所はあまり見た記憶がありませんので、権現堂公園のあじさいが有名になっている理由のひとつです。

また、入場も無料で駐車場のすぐ隣という事もあり写真も撮りやすいですからね。

アナベルはこのように真っ白に咲くのですが、咲き始めたばかりの頃は黄緑色を楽しむことができるので、このような光景を見ることができます。

権現堂公園のあじさいアナベル薄緑2
アナベル開花初期の黄緑色の後継

それがだんだんと色が白くなっていき、このように白っぽくなり、最後の写真のように真っ白に変わります。

権現堂公園のあじさいアナベル薄緑
薄い緑色から真っ白へ

もう少し経ったら、今度は真っ白なアナベルに色づいた斜面一面を見に行きたいですね。

権現堂公園あじさいエリア

権現堂公園は2つのエリアに分かれていて、間違って南栗橋駅から歩いて10分程の1号公園へ行かないでくださいね。

権現堂公園あじさいエリア
丸で囲った一部です

あじさいエリアは「幸手権現堂桜堤(4号公園)」で、権現堂バス停は右端にありますので1㎞歩きます。

そしてその中でも一部のエリアだけに集中して16,000株が植えられているので、アナベルのように密集して見ごたえのある絶景スポットになっています。

権現堂公園あじさい1

100種類のあじさいの品種があるようで、さまざまな色や形のあじさいを見ることができます。

そしてやっぱりありますよね、ハート形のあじさい。

というように、あじさい個々に焦点を当てて権現堂公園あじさいを見て回ると、とても綺麗なのですが、満開には早かったようで実際にはこんな感じでした。

ちょっと満開には早いです

こんな感じで権現堂公園あじさいエリアを歩いて30分程で回ることができましたが、案内画像で矢印のところには・・・

ヤギ小屋となっていて10時~16時の間見ることができます。

2021年のあじさい満開となるのは来週以降になりそうなので、ぜひ訪れてみてはいかがですか?

人が少なそうな早い時間帯に訪れたら空いているのでマイペースで写真も撮影できました。

そして権現堂公園あじさいを見終えたら、関東では見ることが難しいラベンダー畑へ1時間の移動です。

あじさい穴場スポット・名所
関東 茨城 千葉 栃木 群馬 埼玉 東京 神奈川