名古屋市内の荒子川公園駅から歩いて行けるラベンダー畑へ

荒子川公園ラベンダー畑ラベンダー
画像:名古屋市行こうよ公園サイトより
スポンサーリンク

飛行機に乗って北海道へ行かなくてもラベンダーが一望できる場所が愛知県にもあるのをご存知でしたか?

高温多湿に弱いラベンダーが愛知県、しかも名古屋市内で見られるのは非常に珍しいので、県内最大級と言えども3,000本だけしかありません。

名古屋市の荒子川公園のラベンダー畑は、6月上旬~6月中旬の短い期間が見頃ですが、まだ訪れた事が無いので、訪れる準備として下調べをまとめてみました。

愛知県のラベンダースポット「荒子川公園ラベンダー畑」

ラベンダー見頃 6月上旬~6月中旬

アクセス

電車・バス

最寄り駅

名古屋臨海高速鉄道あおなみ線・荒子川公園駅で下車します。

名古屋駅からあおなみ線で15分・270円で行くことができ、終点金山ふ頭駅にはJR東海の鉄道博物館もあります。

路線バス

荒子川公園駅を使わずに名古屋市営地下鉄・名港線「東海通」駅3番出口から、名古屋市営バス・東海11系統や港巡回系統で「荒子川公園北」バス停下車してすぐです。

料金は210円で20分程の乗車時間です。

時刻表

マイカー利用

名古屋高速東海線・港明IC下車して県道227号線を通り約5㎞・10分程です。

また、年間通して販売されているわけではないのですが、NEXCO東日本ではETC専用の高速道路版フリーパスを期間限定で販売していますので、お出かけ前には要チェックです。

駐車場

ラベンダーフェア開催中のみ1回500円の有料になります。

住所名古屋市港区品川町2-1-1
営業時間9:00~16:30
料金無料
公式サイト荒子川公園
駅からバス荒子川公園駅から徒歩3分

ラベンダーガーデン夢農場滞在時間

2021年度のラベンダーフェアは中止となっています。

実際に訪れた時に滞在時間を記載します。

北海道以外で見られるラベンダー絶景スポット

高温多湿に弱い特徴のラベンダーは、北海道以外では栽培が難しく、全国的には数少なく貴重なので、東北・関東・中部・関西・九州で見られる場所は限られています。

北海道へ行けないけどラベンダー畑が見たいと思ったら、紫色の癒しを求めて、近くないかもしれませんが訪れてみてはいかがですか?

スポンサーリンク
ラベンダー
スポンサーリンク



とりっぷぼうるをフォローする
とりっぷぼうる