新幹線ワープで三保松原と富士市役所へ駅からバスで富士山絶景へ

新幹線車内旅の器

青春18きっぷで以前訪れた事のある三保松原なのですが、始発に乗っても到着したのが10:30頃だったので、海岸に人が多くなっていたのと少し雲がかかってきてしまい失敗したなあって思った経験がありました。

たまたまテレビで三保松原を見る機会があったので、今度は人を気にせずにゆっくりしたいと思ったので「新幹線ワープ」を使ってスケジュールを立ててみました。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

「新幹線ワープ」って青春18きっぷを使うのだけど、ある区間だけ別途料金を払って特急や新幹線を使って移動する事なんですよ。

スポンサーリンク

青春18きっぷ行程

先ほどもお話しした通り、以前青春18きっぷだけを使って清水観光をした時は、東京駅6:30頃の東海道本線に乗り、熱海で乗り換えて清水駅に9:30頃に着きバスに乗って25分、更に歩いて20分なので、三保松原に着いたのは10:30頃でした。

そこで今回はできるだけ早く到着する為にと東京駅から静岡駅まで、新幹線ワープを使いました。

これにより清水駅に8:08に到着したので、約1時間半短縮できました。

清水・富士観光旅行行程

※鉄道・バスの時刻は当時のものですが料金は2019年12月現在に修正済

スポンサーリンク

たった1時間半の為に5,000円?

学生の頃などの若い頃だったら「青春18きっぷ」を使うとなったら、指定席ですら迷っていたことを思い出すと、年を取ったなあって思います。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

景色の撮影をする時に人の映り込みのない写真撮りたくなりませんか?

テレビの撮影みたいに人の流れを制止してなんてできないじゃないですか、普通は。

そうなると、人の少ない時間帯などを狙うしかないので必然的に朝早くいかなくちゃ!となり、新幹線ワープを使ってお金で時間を買うような事になります。

それでもできるだけ節約したいので、東京~静岡の新幹線料金は普通車自由席で5,940円のところを、事前にJR東海の旅行サイト「JR東海ツアーズ」で発売されている「ぶらっとこだま」を利用することにより、4,884円にまで抑えることができました。

ぶらっとこまだ

「ぶらっとこだま」を利用すると、東京~静岡ならば、ワンドリンク付きで1,056円お得になりますが、ネット予約だと最短5日前までに購入しなくてはいけないのでご注意を。(JR東海ツアーズ窓口ならば前日まで購入可)

その名の通り「ぶらっとこだま」はこだま号限定なのでひかりやのぞみには乗車できませんし、予約変更もできないので利用する際は計画をしっかり立てないといけませんが、青春18きっぷを「利用する方ならば、時刻表見ながらの計画立てはお得意ですよね。

ぶらっとこだま予約時・利用時注意
  • JR東海新幹線専用改札口のみ利用可(在来線乗り換え一部不可)
  • 予約可能な「こだま号」が決まっています(全てのこだま号ではない)
  • 販売数量限定の為に購入できない場合がある
  • クレジットカード決済が必要
  • ネット購入した旅券は自宅郵送のみ
ぶらっとこだま変更不可事項
  • 予約変更ができない
  • 予約時の指定席限定(自由席等変更不可)
  • 事前購入の為に利用当日購入できない
  • 予約時の発着駅のみ利用可(途中下車・変更不可)
  • ワンドリンク引き換えは指定された店舗のみ可(車内不可)

「ぶらっとこだま」には通常期料金と繁忙期料金があり、年末年始などでも利用できますが通常料金との差がほとんどなくなるので利用制限があり過ぎて値段が変わらないでのあれば、おススメはしません。

使用金額

青春18きっぷだけを使った場合の料金は2,410円ですが、新幹線ワープを使ったので7,294円かかりました。

金額的にはずいぶん多くの出費が必要になりましたが、清水駅からの往復バスも三保松原もとても空いている時間帯に利用できたので個人的には満足しています。

なんていっても前回青春18きっぷだけの時はバスも混雑していたし、三保松原の海岸も人が多くてしかも富士山にも雲がかかってしまって綺麗には見えなかったことを考えると、料金に見合ったプチ旅行だと思いますよ。

交通機関金額
青春18きっぷ2,410円
新幹線(東京→静岡)4,884円
しずてつバス往復740円
富士急静岡バス往復540円
合計8,574円

コメント