スポンサーリンク
旅の器

田園とあじさいの杜の散策コースを滞在時間90分

10,000株のあじさいを広大な敷地内に植えられているので、のんびりゆったり人込みを避けてあじさいを楽しみたいならば、絶対おすすめします。
2019.10.08
旅の器

たった階段7段で日本一簡単に行ける裏見の滝へ滞在時間30分

日本全国には約2500か所あると言われる日本の滝ですが、滝の裏側に行くことができる滝って数少なく、行くことが困難なイメージがありますが、ここ月待の滝は階段をたった7段だけ降りれば滝の裏に行くことができるので、普段見られない景色を見ることができました。
旅の器

オーバーツーリズムで白川郷観光入村規制導入

世界遺産の岐阜・白川郷といえば、合掌造りの街並みが見られる人気岐阜観光スポットですが、オーバーツーリズムにより、ついに白川郷に行くのに抽選による完全予約制が導入されてしまいました。それでも白川郷へ行くならばフリーパスを使って、お得に行きたい!
2019.09.21
スポンサーリンク
旅の器

小樽観光の隠れたスポット青の洞窟へ

小樽運河もいいけど、人と違う小樽観光しませんか?小樽駅からひと駅の塩谷に海の秘境ツアー「青の洞窟探検クルーズ」でエメラルドグリーンの海と洞窟を舟で散策しませんか?
2019.09.02
旅の器

ウソでしょ?海の色が青すぎ神威岬

公式サイト通り20分ではなく40分かかりましたが、しゃこたんブルーと言われる青い海を見る事はできました。太陽の陽の当たり方で全く異なる青い海を見なくちゃ損ですね。とれたてうに丼も絶対に逃したら損したと思いませんか?
2019.09.02
旅の器

茨城県内で開催の花火大会

夏の夜のイベントと言えば花火大会という事で、各観光協会の公式サイトより花火大会を集めてみました。
2019.08.15
旅の器

帰れマンデーで放送の大井川鉄道フリーパスで行く夢の吊橋

コバルトブルーの湖の鮮やかな色もそうですが、ここにかかる吊り橋と一緒に見られる絶景は神秘的。恋を願えば叶うといわれる?パワースポットとしても大変人気ですが、いつも必ず鮮やかな色ではありませんので失敗しない為に事前に要確認ですよ。
旅の器

大井川鉄道のSLは展望車とお座敷車で快適旅

SLで有名な大井川鉄道のSLにはSL乗車券が必要なのですが、800円の普通客車か300円追加して合計1,100円のお座敷車か展望車か迷いますが、足を延ばせて過ごせるお座敷車に300円払う価値は十分にありますしおススメですよ。
旅の器

唯一の水戸黄門ゆかりの日本庭園とあじさいを見に行く

あじさいが綺麗に咲いているところと言えば、お寺や神社というイメージが一般的だと思いますが、水戸黄門ゆかりの日本庭園とあじさいって珍しいと思い訪れてみました。
旅の器

茨城の孔雀が見られるあじさい観光スポット

くじゃくが平然と歩いているあじさい寺って聞いたことありませんか?普通は檻の中にいるのですが、雨引観音では運が良ければ、境内を普通に歩いているくじゃくを見ることができるんですよ。 あじさいとくじゃくとお寺がセット内なているなんて珍しいね。
旅の器

めんたいパークは工場直売だから安く買えた

明太子で有名な会社といえば「かねふく」の直売所がお得なのです。大洗工場に隣接しているので切れ端などが安く買えますよ。日本に3か所しかないめんたいパークが茨城県大洗町にあるので、近くに観光へ行ったら帰りに訪れることをおススメします。
2019.06.07
旅の器

大洗海岸の海の鳥居は茨城県人気第1位の絶景

茨城県大洗町にある大洗磯前神社から太平洋が一望できるパワースポットがあると聞いたので実際に行ってみました。海の岩礁上に鳥居が立っていてとても珍しい光景に思えました。
旅の器

日本で唯一歩いて行ける3つの県境「三県境」

県境と言えば川を挟んだりすることが多いですが、珍しい事に群馬・栃木・埼玉の3つの県境が陸上にあるのでちょっとした観光地になっていることをご存知でしょうか?
旅の器

国営ひたち海浜公園で32,000本のコキアが出迎える

茨城観光と言われて思いつくのは、水戸の偕楽園しか思いつかないのですが、探せばあるものですよ。ひたちなか海浜公園のモコモコした独自品種のコキアが一面広がる光景は圧巻です。夏は緑色から10月には黄緑色に変化します。
2019.05.13
日光観光

戦場ヶ原の「日光てくてく歩道」をハイキング

9月末は紅葉はちょっと早すぎで10月中旬はやや紅葉かな。秋の戦場ヶ原のハイキングコースをのんびり景色を見ながら歩くことは気分転換に最高です。整備されたコースなので普段着で大丈夫でした。
2019.02.06
スポンサーリンク