TOHOKU MaaSの青森・弘前デジタルフリーパス

フリーパス

東北応援企画として東北6県(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)の8エリアで、スマホアプリ限定の「TOHOKU MaaS」によりエリア内の交通・グルメ・体験などの購入・利用などがスマホ画面内で完了できるサービスです。

青森県からは「青森・弘前デジタルフリーパス」が有効期間2日間で設定され、青森~新青森~川部~弘前の区間のJRが乗り降り自由となるフリーきっぷです。

さらに、ベーシック版とセミワイド版の2種類あります。

スポンサーリンク

青森・弘前デジタルフリーパス詳細

フリーパス基本情報

フリーパス 2021年9月30日まで 利用当日購入可

販売場所 スマホアプリ「TOHOKU MaaS

販売期間 2021年9月29日まで

有効期間 2021年9月30日までの連続2日間

販売価格
フリーきっぷ大人子供
ベーシック版1,250円620円
セミワイド版1,830円910円
フリーエリア
TOHOKUMaaS青森弘前フリーエリア
画像:JR東日本より(ベーシック版)
TOHOKUMaaS青森弘前ワイドフリーエリア
画像:JR東日本より(セミワイド版)

参照サイト JR東日本 TOHOKU MaaS

列車の利用条件や特例

青森~新青森~川部~弘前間のJR線の快速・普通列車自由席が、フリーエリアとなり乗り降り自由となります。

ベーシック版

弘前市内のバスは、弘南バスの「土手町循環100円バス」「城東環状100円バス(和徳回り・大町回り)」「りんご公園線(ためのぶ号)が乗り降り自由となります。

セミワイド版

ベーシック版に加えて、「弘前~嶽温泉間」「弘前~西目屋村役場前」及び青森市が運行する「ねぶたん号」も乗り降り自由となります。

指定席・特急列車手続き

指定席利用する場合は別途指定席券購入すると「リゾートしらかみ」にも乗車可能ですが、特急列車には乗車できません。

注意事項

「TOHOKU MaaS」WEBサイトにアクセスしたスマートフォン上のみで購入可能で、利用登録にはメールアドレスなどの登録が必要になります。

フリーきっぷ購入時・利用時

購入にはスマホアプリ上でクレジットカード決済または、モバイルSuica決済となります。

購入枚数上限は、大人と子供合わせて最大5名分となり、全て同一行動での利用となり個別行動や分割利用などもできません。

利用する日を指定せずに利用日未定で購入可能で、利用当日に開始日を登録することで連続2日間の有効期間が設定されます。

フリーきっぷの変更

青森・弘前デジタルフリーパス購入後の人数変更はできません。

フリーきっぷの取消・払い戻し

未使用で有効期間開始日前ならば「TOHOKU MaaS」のサービス提供期間内に限り可能で、クレジットカード決済ならば、WEBサイト上で「マイページ」内にある「購入履歴」ページから払戻し操作ができますが、モバイルSuica決済の場合はコールセンターに問い合わせになります。

さらに、列車の遅延や運休などが発生しても払い戻しや有効期間の延長なども行いません。

特典など

TOHOKU MaaS」に様々な特典・サービスが利用できます。

コメント