スポンサーリンク

青春18きっぷで利用できる私鉄がある

青春18きっぷ旅の器
青春18きっぷ:撮影2016年7月

青春18きっぷで利用できる列車はJR線の普通・快速・新快速・特別快速・通勤快速などとこれらの種別の観光列車で指定席券を別途購入すれば乗車できます。

ただし特例として特急列車しかなく普通列車が運行されていない区間などでは特急券や乗車券を別途購入しなくても乗車できる区間もあります。

さらに、条件付きになりますが私鉄の区間も別途料金なしで乗車できる路線もあるので覚えておくと青春18きっぷの鉄道旅の選択肢が増えますよ!

スポンサーリンク

青春18きっぷ利用可能列車・区間

JR線

  • JR全線(普通・快速・新快速・特別快速・通勤快速)
  • JR宮島フェリー(JR西日本)
  • JRのBRT路線
  • JRの代行運転区間バス(自然災害などによる不通区間)

特例区間

特急列車しか運行されていない区間があるので、特例として別途料金なしで特急列車が利用できますが、この特例区間を含めて区間外から特急列車に乗った場合は対象外です。

  • 石勝線(新夕張~新得間のみ乗車時)
  • 奥羽本線(新青森~青森間のみ乗車時)
  • 佐世保線(諫早~佐世保のみ乗車時)
  • 宮崎空港線(宮崎~宮崎空港のみ乗車時)

北海道新幹線オプション券

青春18きっぷを利用する時に、北海道新幹線の「奥津軽いまべつ~木古内間」と道南いさりび鉄道線の「木古内~五稜郭間」を利用する時に北海道新幹線に乗れる北海道新幹線オプション券があります。

この北海道新幹線オプション券を利用する時は青春18きっぷと併用して使うようになっていて、北海道新幹線の普通車に乗車可能で、グリーン車とグランクラスには乗車できません。

ちなみに北海道新幹線「はやて」「はやぶさ」ともに全席指定なので空いている普通車ならばどこでも乗車可能って事です。

これにより、青春18きっぷを利用している時に別途購入した「北海道新幹線オプション券」を併用すれば格安で新幹線に乗車できるようになっていて、利用方法はJR時刻表に掲載内容をまとめて書きだしました。

  • 青春18きっぷ1回分に対し北海道新幹線オプション券1枚が必要
  • 北海道新幹線といさりび鉄道利用は同じ日で連続して使わなければならない
  • 北海道新幹線利用時は普通車の空いている席が利用可能
  • 北海道新幹線「奥津軽いまべつ~木古内」間と乗り換える「道南いさりび鉄道線木古内~五稜郭」の普通列車が1回だけ利用できる
  • 木古内駅と五稜郭駅のみ改札外への下車可能
  • 道南いさりび鉄道乗車後は途中下車できない

販売場所 全国のJR各駅など

販売期間 有効期間 青春18きっぷ・秋の乗り放題パスと同じ

販売価格 2,490円

私鉄や第三セクター

基本的に青春18きっぷでJR線以外には乗車できませんので、相互乗り入れなどして列車は運行されていても運賃は別途必要となります。

ただし、新幹線開通によりJR線から切り離された路線などでは条件付きで利用が可能となっています。

  • 道南いさりび鉄道(木古内~五稜郭)は、別途北海道新幹線オプション券を購入すれば利用可能です。
  • 青い森鉄道(青森~八戸)は、通過利用する場合は利用可能で、青森・野辺地・八戸以外で途中下車すると青い森鉄道の乗車運賃が発生します。
  • あいの風とやま鉄道(富山~高岡)は、富山駅でJR高山本線から高岡駅でJR氷見線・JR城端線への通過利用する場合のみ利用可能で、富山・高岡以外で途中下車するとあいの風とやま鉄道の乗車運賃が発生します。また、JR線へ通過利用しない場合(富山~高岡)のみの利用は対象外です。
  • IRいしかわ鉄道線(金沢~津幡)は、金沢駅でJR北陸本線から津幡駅でJR七尾線への通過利用する場合のみ利用可能で、金沢・津端以外で途中下車するとIRいしかわ鉄道線の乗車運賃が発生します。また、JR線への通過利用しない場合(金沢~津幡)のみの利用は対象外です。

JR線と相互直通運転路線

利便性向上の為に各社相互直通運転を行っていて、JR線も他社私鉄に乗り入れていますが、青春18きっぷの対象外の路線にも乗り入れているので下車する時は別途料金が発生します。

北越急行ほくほく線

JR越後湯沢駅から上越線経由で六日町駅より北越急行線内に直通運転される列車があります。

車内ディスプレーにも「青春18きっぷは使え別途料金が必要」と繰り返し表示され、下車した十日町駅で乗車券代300円を現金で支払いました。

伊豆急行線

JR伊東線と伊豆急行線の伊豆急下田まで直通運転されつ列車があります。

伊豆急行線内の駅で富戸駅で下車した時に現金で490円支払いました。

しなの鉄道線

長野オリンピック開催時に開通した長野新幹線(北陸新幹線)により、JR信越本線の「軽井沢~篠ノ井」がJRから切り離されて誕生した「しなの鉄道」で、その後金沢まで延伸開通した事により正式名称の北陸新幹線になり、再び信越本線の「長野~妙高高原」がしなの鉄道・北しなの線へ、「妙高高原~直江津」がえちごトキめき鉄道になりました。

長野駅から戸狩野沢温泉駅へ行った時に長野駅から直通運転でしたが、しなの鉄道線の「長野~豊野」を通過していたので、戸狩野沢温泉下車時に現金で250円支払いました。

えちごトキめき鉄道線

JR東日本の観光列車「越乃Shu*Kura」に乗る為に上越妙高駅から十日町まで乗車しましたが、えちごトキめき鉄道線の「上越妙高~直江津」を通過するので、上越妙高駅券売機で240円購入してから改札へ入りました。

伊勢鉄道線

名古屋から伊勢神宮まで行くのに快速「みえ」に乗車し伊勢市駅に到着後、改札で青春18きっぷを提示したら、「名古屋から乗車ですか?」と聞かれたので「はい」と答えると510円請求されました。

理由は途中にJR線から離れ伊勢鉄道線を通過したためだそうです。

コメント