大人の休日倶楽部会員パス(北海道)で損をしない使い方

大人の休日倶楽部パス北海道
全国札幌・小樽旭川・美瑛
北海道函館・江差帯広・網走

JR東日本の「大人の休日倶楽部」会員限定のフリーパスで、JR北海道の在来線全線(特急・快速・普通列車)が連続5日間乗り降り自由となるフリーきっぷで、普通車指定席も6回まで利用可能です。

2023年度版までは、新幹線や特急列車のグリーン車利用する場合は乗車券のみ有効となり、別途特急券とグリーン券の購入が必要となっていましたが、2024年度版は普通車用とグリーン車指定席用が発売されます。

ただし北海道新幹線(新青森~新函館北斗)には乗車できません。

目次

大人の休日倶楽部会員パス(北海道)詳細

フリーパス基本情報

フリーパス 季節限定 前日までに購入

販売場所 JR北海道みどりの窓口

販売期間

  • 第1回:2024年05月20日~2024年06月27日
  • 第2回:2024年08月26日~2024年10月03日
  • 第3回:2024年12月16日~2025年01月23日

有効期間 連続5日間

  • 第1回:2024年06月20日~2024年07月02日
  • 第2回:2024年09月26日~2024年10月04日
  • 第3回:2025年01月16日~2025年01月28日

販売価格

普通車用えきねっと17,400円
普通車用窓口販売18,400円
グリーン車用35,000円
グリーン車用はえきねっと限定

フリーエリア 新幹線除くJR北海道全線(特急・快速・普通列車)

参照サイト JR北海道 大人の休日倶楽部パス

列車の利用条件や特例

指定席手続き

指定席利用する場合は事前にJR北海道内のみどりの窓口や駅券売機で手続きします。

旭川駅で乗り継ぎが必要な札幌~網走、札幌~稚内の特急列車を利用する場合に限り、旭川駅で乗り換える時のみ改札外に出ない場合は2つの特急列車ですが、指定席回数1回とする特例があります。

この特例は旭川駅乗り換えのみ適応なので、他の駅での乗り換えは指定席2回利用になってしまいます。

注意事項

大人の休日倶楽部パスの販売枚数には上限30,000枚(グリーン車用は1,000枚)となっていて、「大人の休日倶楽部パス(東日本)」「大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)」「大人の休日倶楽部パス(北海道)」の合計となっています。

上限枚数に達して時点で販売終了、変更終了になります。

フリーきっぷ購入時・利用時

大人の休日倶楽部パス会員限定の為に、購入時には「大人の休日倶楽部カード(クレジットカード)」で決済することが条件となります。

購入したフリーきっぷには会員名が記載されているので会員以外利用できません。

またフリーきっぷ利用時には「大人の休日倶楽部カード」携帯し、指定席利用時には提示が必要です。

Web版も通常版と同じ条件ですが、販売は「えきねっと」のみとなります。

フリーきっぷの変更

未使用で有効期間開始日の前日までならば、1回だけ購入場所限定で日付の変更ができますが、変更を希望するフリーきっぷの発行枚数が上限に達していない場合に限ります。

利用開始日以降の変更はできません。

フリーきっぷの取消・払い戻し

未使用で有効期間開始日前ならば、購入額から払い戻し手数料660円を引いた金額での払い戻しとなりますが、使用開始日では払い戻しできません。

また、未使用でも指定席を指定した列車が出発後は使用済みとなり払い戻しできません。

さらに、列車の遅延や運休などが発生しても払い戻しや有効期間の延長なども行いません。

特典など

大人の休日倶楽部パスではJRきっぷの割引・レンタカー割引など様々な特典があるので、詳細は「大人の休日倶楽部」会員サイトの「会員特典」にてご確認ください

北海道の人気ホテルやお得なクーポン

北海道内の観光スポット

JALどこかにマイル
画像:JALプレスリリース資料より

日本航空の国内線往復航空券が7,000マイルで交換できる「どこかにマイル」

東京から札幌や福岡なら16,000マイル必要なので半分以下と超お得。

日常生活でマイルを貯めて年2回、旅行に行けるようになりましたのでおススメなので、利用方法をご紹介します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次