あばしり観光施設めぐりバス・どこバス共通1Dayパスで網走観光へ

網走駅
HOME網走・紋別・知床
北海道帯広・釧路・根室

定期運行されている網走バスの「観光施設めぐり線」と実証実験中の「どこバス」が1日間乗り降り自由となるフリーきっぷで、網走監獄・流氷館・網走駅・砕氷船乗り場へ行くことができます。

あばしり観光施設めぐりバス・どこバス共通1Dayパス詳細

フリーパス基本情報

フリーパス 通年 利用当日購入可

販売場所

  • 網走市観光協会(道の駅 流氷街道網走内)
  • 網走バスターミナル
  • 東横インオホーツク網走駅前
  • 網走駅案内所
  • ホテルルートイン網走駅前
  • 網走バスホームページ

販売期間 通年

有効期間 1日間

販売価格

フリーきっぷ大人
1Dayパス1,800円
子供半額

フリーエリア どこバス 観光施設めぐりバス 

参照サイト 網走バス どこバス

あばしりフリーパスとの違い

網走バスで発売されているもう一つのフリーきっぷ「あばしりフリーパス」があり、利用できるバスが大きく異なります。

女満別空港から網走駅まで片道1,050円(往復2,100円)なので、網走駅から1回でもバスに乗れば、日帰りでも「あばしりフリーパス」の2日券2,200円の元が取れますよ!

相違点1Daypassあばしりフリーパス
期間1日2日or3日
値段1,800円2,200円/3,300円
空港バス
観光めぐりバス
どこバス
市内線
常呂線
小清水線

網走・知床周辺の人気ホテルやお得なクーポン

フリーエリア内の観光スポット

博物館 網走監獄

網走観光といえば、最初に思い浮かべる有名な観光スポットは「博物館網走監獄」で、網走駅からも観光周遊バスが運行されているので電車とバスでも行くことができます。

明治時代からの北海道道東開拓の歴史を巨大スクリーンで見ることができたり、極寒の刑務所での囚人たちの厳しい生活も知ることができる場所となっているので、訪れてみてはいかがですか?

オホーツク流氷館と天都山展望台

網走観光といえば網走監獄が一番有名ですが、車で3分程のすぐ近くに流氷の街にふさわしい流氷に関する展示館の「オホーツク流氷館」があります。

流氷の天使クリオネも見ることができ、マイナス15℃の氷の部屋でタオルを振って固まらせることもできる楽しさもあるので、訪れてみてはいかがですか?

道の駅・流氷街道網走

冬の網走観光で一番有名なのが「砕氷船おーろら号」に乗車して、流氷の合間を縫うように運行してくれる豪快さを楽しむことができる事じゃないですか?

流氷が網走に接岸する事が気象条件なのですが、例年1月下旬~3月下旬まで運行されていますので冬の網走に訪れた際は乗船してみてはいかがですか?

オホーツク番外地食堂「かにや」

北海道道東エリアの網走を観光で訪れたのならば、新鮮な海の幸・海鮮丼などを食べたいと思いませんか?

網走駅からそれほど遠くなく、徒歩でもバスでもレンタカーでも行くことができてオホーツク海の海さの幸を手ごろなランチで食べられるので訪れてみてはいかがですか?

全国札幌・小樽旭川・美瑛
北海道函館・江差帯広・網走
JALどこかにマイル
画像:JALプレスリリース資料より

日本航空の国内線往復航空券が7,000マイルで交換できる「どこかにマイル」

東京から札幌や福岡なら16,000マイル必要なので半分以下と超お得。

日常生活でマイルを貯めて年2回、旅行に行けるようになりましたのでおススメなので、利用方法をご紹介します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!