スポンサーリンク
旅の器

日本三名瀑・袋田の滝へ日帰りの旅

水量少ない時期に訪れてちょっと失敗。それでも景色は最高なので新緑の春、紅葉の秋、凍り付く真冬の3回は是非見たくなる奥久慈観光
2019.09.29
旅の器

藤棚のトンネルや3万株のバラを見に茨城県フラワーパークへ

あしかがフラワーパークの藤棚といい勝負ができる茨城県フラワーパーク。入園料も半分以下の740円で渋滞も少なくゆったり園内散策できました。バラも有名で3万株も育てっれているので行ってみると面白いですよ。
2019.07.27
旅の器

福岡観光はフェリー10分の離島・能古島へ

博多に行くんだけど、どこか観光あるって聞いても中洲しか答えが出てこないほどビジネス街ってイメージがありますが、能古島という博多の目の前の離島を楽しまない手はないですよね。
スポンサーリンク
旅の器

めんたいパークは工場直売だから安く買えた

明太子で有名な会社といえば「かねふく」の直売所がお得なのです。大洗工場に隣接しているので切れ端などが安く買えますよ。日本に3か所しかないめんたいパークが茨城県大洗町にあるので、近くに観光へ行ったら帰りに訪れることをおススメします。
2019.06.07
旅の器

日本三景宮島へのんびりお得な旅へ

広島宮島観光するならば広電の1日乗船券を使うと電車・フェリーが乗り放題でロープウェイが割引になりもみじ饅頭まで貰えます。滞在時間4時間、広島駅から往復時間含めて7時間たっぷり宮島観光です
2019.06.06
旅の器

日本で唯一歩いて行ける3つの県境「三県境」

県境と言えば川を挟んだりすることが多いですが、珍しい事に群馬・栃木・埼玉の3つの県境が陸上にあるのでちょっとした観光地になっていることをご存知でしょうか?
旅の器

関東で藤の花が見られる場所や名所

4月下旬から5月上旬というGWの時期に見頃となる藤の花。淡い紫色やホワイト・ピンクと綺麗な花が咲くので見に行きたいのですが、少しでも混雑を避けたいので、実際に訪れてみたおススメ場所です。
2019.05.18
旅の器

小野小町伝説による小町の館

バラまつりに行くために車を走らせると突然飛び込んでくる「小野小町の館」ってなんだ?茨城県土浦市のどんな関係?気になって立ち寄ってみるとなんか懐かしい風景に出会えます。さらに藤の花が他よりも長く見られる
旅の器

1000匹の鯉のぼりの名所へ日帰りで行く旅

竜神大吊橋は滞在時間60分で1000匹の鯉のぼりと日本最大級の歩行者専用橋のコラボが見ることができ、GW終了後も見ることができるので混雑を避けて訪れる場所としておススメですよね。
旅の器

古河公方公園で藤の花を独占して見よう

GW期間が見頃の藤の花を見に行くのは大混雑覚悟しなくてはいけないので、穴場を求めて見つけたが、ネットの情報だけで行ってみないと実際は分からないものですよね。
2019.05.13
旅の器

日本三大稲荷の茨城県笠間市にある笠間稲荷神社

京都の伏見稲荷、佐賀の祐徳稲荷と並ぶ1300年の歴史ある年間350万人が訪れる、仕事や金運のパワースポットでもある稲荷神社です。また、藤棚も5月上旬に綺麗に見ることができます。200円で乗り放題の周遊バスが便利です。
2019.05.13
旅の器

JR日立駅直結の海が見られる絶景スポット

茨城県日立市のJR日立駅直結で暑さ寒さも関係ない、海が見られる絶景スポットがあるんですね。魅力度ランキング6年連続最下位の茨城県。実は観光スポットあるんだけど知られていないだけなのかもしれないと思いますよね。
2019.05.13
旅の器

我孫子市水生植物園で100mの藤棚を独占

千葉県我孫子市の手賀沼沿いにある公園でいつでも誰でも駐車場を含めて無料で訪れることができ、手賀沼沿いの遊歩道には桜並木や鳥の博物館などもあります。
2019.05.10
旅の器

世界が認めるあしかがフラワーパーク

正直オーバーツーリズム状態のGW。藤の花の見頃と重なってしまうので仕方がないのですが、人の渋滞・車の渋滞でまったく進まないのは仕方がないですよね。でも見れば見事。世界中から人が集まる理由が分かりますね。
旅の器

駐車場無料のつつじの名所館林市つつじが岡公園

滞在時間150分。江戸時代から保護育成され400年も続く歴史があったり、向井千秋さんが宇宙で育てた「宇宙つつじ」があったりと、あたり一面つつじを見たいならば、駐車場も無料の館林市つつじが岡公園をおススメします。
スポンサーリンク