スポンサーリンク

Excel-VBA画面の操作と印刷設定

画面と印刷設定

エクセルファイルの表示画面をどのようにしたいかの指示を出すことや、印刷設定に関するマクロ(VBA)の実用例を書き出してあります。

また、 わざわざ印刷プロパティから毎回印刷枚数や印刷範囲などの設定をしなくても、あらかじめVBAで指定しておけば仕事効率が向上しますよね。

スポンサーリンク

画面表示関連VBA

スポンサーリンク

印刷するPrintOutメソッド

印刷ページ数と印刷枚数が決まっている時は、このようにVBAコード書いていますよね。

VBAコード

Private Sub CommandButton1_Click()
ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut From:=1, To:=2, Copies:=1, Collate:=True
End Sub

解説
  1. ユーザーフォームに配置したコマンドボタン1をクリックすると
  2. 今開いているシートを印刷する、1ページ目~2ページ目までで、1枚印刷、部単位
  3. マクロ記述終了
PrintOutメソッドの基本

表示しているシートを印刷する

ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut

印刷ページ数の設定 (1ページ目~2ページ目)

ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut From:=1, To:=2

印刷枚数の設定(1枚印刷)

ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut Copies:=1

部単位で印刷

Collate:=True

スポンサーリンク

印刷関連VBA

Excel-VBAもくじへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


とりっぷぼうる