ちょこっとエクセル関数とVBAを加えて簡単完成する作成例

エクセルVBA作成例
エクセル関数とVBAで作ってみた
スポンサーリンク

今使用しているエクセルファイルってたくさんあると思いますが、エクセルVBAを組み込むために作り直すのは大変ですよね。

ほんのちょっとだけ、ここだけ自動的に処理してくれたら作業が早くなる!楽になる!って事ありませんか?

使用するエクセル関数を変更したり、エクセルVBAを2個~数個加えてあげるだけで、劇的に作業時間が短縮されますよ!

スポンサーリンク

ちょこっとVBA追加した作成例

ここで紹介するVBAコードをひとつのエクセルに組み込んで、フルオート状態にすることも可能ですが、作成に月単位の時間がかかります。

極端に言えば30分~1日の作業時間で使用中のエクセルにちょこっと付け足して使用するような簡単な作成例です。

昭和・平成・令和など和暦を西暦に変換する方法

和暦西暦変換ユーザーフォーム
和暦西暦変換ユーザーフォーム

世の中徐々に西暦で管理するようになってきていますが、まだまだ和暦(昭和・平成・令和)で書類を記入する事ってありますよね。

エクセルで日付や日数を管理するには西暦で無いと大変なのですが、昭和50年って言われても西暦何年かすぐには分からないですよね。

調べる時間が無駄なので、一発変換フォームがあれば一瞬で1975年と表示させるフォームを作成しましょう。

たった2行!上書き保存してエクセルファイルを閉じる方法

エクセルで入力作業をしていて、上書き保存したつもりでファイルを閉じたら保存していなかった!なんて経験ありませんか?

保存ボタン押したつもりだったのに~なんてね。

それならば、保存ボタンを作って、極端に言えばこのボタン以外操作不能にしてしまえば、解決します。

エクセル開くと同時に期限切れリストアップさせる方法

商品管理などをエクセルで行っている職場も多いと思いますが、期限切れなど特定の商品を見るけるのって大変だと思いませんか?

たった10行のVBAコードを書き足せば完成しますよ!

エクセルでオリジナル自作カレンダーを作ってみた

正直これは作成に時間がかかりますが、エクセル2007まで存在したカレンダーコントロールが無くなってしまったので、試しに作ってみました。

住所録に使えるように様々な要望を取り入れたために、ちょっと複雑になってしまいましたが、祝日対応が未だできていないのです。

スポンサーリンク
とりっぷぼうるをフォローする

スポンサーリンク


とりっぷぼうる