エクセル数式

スポンサーリンク
エクセル数式

複数の条件でセルの合計を自動計算するエクセル関数

エクセル関数で一番使うセルの合計を自動計算するSUM関数。そんなに悩むことはないけど、条件をつけて合計を出したいこともありますよね。そんな時はSUM関数の仲間SUMIFS関数やSUMIF関数を使えば解決しますよ
エクセル数式

エクセルで参加人数を自動的に数えるCOUNT関数

入力済みのセルの数を数えたり、空欄セルの数を数えたり、作業効率化の為には様々なエクセル関数を組み込んで自動計算させることで達成できます。エクセルに取り組めば、使用頻度が高いCOUNT関数は必ずマスターしなくてはならない関数のひとつです。
2018.12.14
エクセル数式

条件に一致するセルの個数を数えるCOUNTIF関数

数値セル・文字列のセル・空欄のセルの数を数えるCOUNT関数の応用で条件に一致するセルの数を数える事も多いので、COUNTIF関数とCOUNTIFS関数も一緒にマスターして作業効率化で時間の節約をしましょう。
エクセル数式

セルの数値により対応する答えを検索するエクセル関数CHOOSE

男性・女性・従業員・プロ・おばけなどボウリングリーグ戦で成績表に反映させるために自動的に判別して振り分けてくれるとっても便利なエクセル関数CHOOSEをつかえば、リーグ成績表が素早く作成でき間違えが少なくなるのでとっても便利
2018.12.09
エクセル数式

小数点以下を切り捨てるエクセルINT関数

小数点以下を切り捨てるINT関数&TRUNC関数 ボウリングのリーグ成績表で、ハンデキャップ(HDCP)を付けていると思いますが、ボウリングハンデキャップが33.33なんてあり得ないかな? あんまりというよりは、ほとんど聞いたことがありません。
2018.12.08
エクセル数式

表の中からデータ検索して指定した値を見つけるVLOOKUP関数

表の中から特定の値を指定してデータ検索することってよくありませんか?見つけたセルの2列右の値とか。ボウリングでのリーグ戦のレーン抽選でも参加選手の中から番号によりレーン・投球順を決めるので非常によく使います。VLOOKUP関数を使えば解決しますよ。
2018.12.08
エクセル数式

エクセルIF関数もし~だったら使い方

ボウリングのリーグ成績表にかかわらず、エクセル関数IFを使うと非常に便利です。もし~だったら○、そうでなかったら×、というような条件って多いです。利用頻度が高いのでぜひマスターして業務効率化をしましょうね。
2018.12.08
エクセル数式

人数に応じてリーグ対戦表を自動選択する方法

複数の表があり、条件に合った表を選んで、さらにセルの値を選んで数字を名前に自動変換できると、とても便利なエクセルができますよね。ボウリングのリーグ対戦表も人数により表が異なるので、参加人数が決まったら、自動的に表を選んで対戦番号がこれも自動的に参加者名に変換されると便利で作業効率がアップして時間短縮になりますよ。
2018.12.03
エクセル数式

ボウリングリーグ対戦表の数字を名前に自動変換する方法

リーグ戦の対戦表をエクセルで作る時、数字で表されている番号を名前に自動的に変換できると作業時間が短くなり効率的ですね。たった2つのエクセル関数を使うだけで、簡単にできるんです。今回の回戦数を入力するだけで一発変換完了。もちろんお客様にスケジュール対戦表として渡すことも簡単ですよ。
2018.10.03
エクセル数式

HLOOKUP関数で表の中から縦方向にデータ検索して指定した値を見つける

表の中からデータを探すVLOOKUPは有名ですが、横方向の検索に対応しています。縦方向で検索するにはHLOOKUPを使うと簡単に検索できますよ
2018.08.30
エクセル数式

2つのセルの値をくっつける(セルの値の結合)

セルの結合は使うけど、セルの値を結合する事ってありますか?ほとんど使わないので意味が分からないって感じですか?セルA1の値が「trip」でセルB1の値が「bowl」、この2つをくっつけてセルC1に「tripbowl」こんな感じ!
エクセル数式

エクセル重複データを見つけてメッセージを出す

エクセルで入力データ量が増えてくると、知らない間に同じデータを入力してしまったことありませんか?できれば、重複データを入力した時にメッセージを表示させて、重複ありと表示させると便利ですよね。そんな方法を書いてみました。
2018.08.01
エクセル数式

計算式の値を数字として読み取るVALUE関数

VLOOKUP関数やVBAで数値を基にデータのやり取りをする時に、直接入力した数字以外はエラーになります。計算式の値は見た目は数字ですが、実は文字列として扱われているのでエラーなんですね。そんな文字列になっている値を数字として扱えるようにしましょう。
エクセル数式

日付を入力するとデータが差し替わる表を作るにはDGET関数

日付を入力するとデータが差し替わる表を作るにはDGET関数。ボウリングのリーグ成績表を作る時も個人成績表からデータを取り出して参加者全員の成績一覧表を作るのも、このDGET関数が必須です。シート数も減り作業効率化しましょう。
エクセル数式

エクセル計算式が#VALUE!エラーのセルを空欄にする方法

ボウリングリーグ戦の成績表をエクセルで作っていて、参加者成績一覧表で「#VALUE!」になる事があります。このエラー表示が出た時だけ空欄にしてしまう事ができれば、参加者へ配布できますね。簡単にできるのでエラー表示防止にIFERROR関数の使い方
スポンサーリンク