日光観光

スポンサーリンク
フリーパス

霧降高原フリーパスでお得に避暑地へ

日光霧降高原観光でお得なフリーパスといえば、霧降高原フリーパスです。日光東照宮もフリーエリア内なのでたっぷりお得に日光観光スポットへ行くことができますよ。
2019.02.13
フリーパス

日光東照宮周辺に霧降の滝を加えたフリーパス

東照宮周辺に限定したフリーパス「世界遺産めぐり手形」が500円なので、100円加えて「霧降の滝フリーパス」がお得のような気がしますよね。但し紅葉シーズンの土日は、歩いた方が早かった気がするので、購入した事はありません。
2019.02.13
フリーパス

霧降高原を網羅した大笹牧場フリーパス

日光霧降高原の展望台から眼下に広がる日光市街を一望でき、大笹牧場では動物と無料で触れ合えるのでフリーパスを使ってお得に楽しむには絶対必要なアイテムです。
2019.02.13
フリーパス

中禅寺温泉フリーパスで華厳の滝をお得に堪能

奥日光の玄関口の中禅寺湖や華厳の滝へ観光へ行くのに少しでもお得に楽しみたいともうのはごく普通ですよね。また紅葉シーズンの中禅寺湖畔のハイキングコースを歩いて、奥日光三名瀑の竜頭の滝を見に行くのも気持ちいいものですよね。
2019.02.13
フリーパス

奥日光へは戦場ヶ原フリーパスがお得

東武日光・JR日光駅を基点として東武バスが発行している、東武バスフリーパス。日光駅周辺にマイカーを止めて、目的の観光地ごとにフリーパスを選んでハイキング楽しんでいます。駐車料金も1日400円なんて場所もあるので意外とお得かも。
2019.02.13
フリーパス

日光観光へは乗り降り自由の東武バスフリーパスがお得

東武日光・JR日光駅を基点として東武バスが発行している、東武バスフリーパス。日光駅周辺にマイカーを止めて、目的の観光地ごとにフリーパスを選んでハイキング楽しんでいます。駐車料金も1日400円なんて場所もあるので意外とお得かも。
2019.02.13
フリーパス

日光フリーパスを使ってお得な日光観光へ

まるごと日光東武フリーパスは、使い方の工夫で1万円以内で3日間たっぷり日光観光を楽しめるならば、移動時間はかかりますがとってもお得に楽しむことができますよ。日光エリアのバスが乗り放題をフル活用した体験記です。
2019.02.06
日光観光

戦場ヶ原の「日光てくてく歩道」をハイキング

9月末は紅葉はちょっと早すぎで10月中旬はやや紅葉かな。秋の戦場ヶ原のハイキングコースをのんびり景色を見ながら歩くことは気分転換に最高です。整備されたコースなので普段着で大丈夫でした。
2019.02.06
日光観光

奥日光の幻の湖・小田代湖が7年ぶりに出現

小田代湖は雨量にもよるけれど1週間ぐらい見られればいいほうで、早ければ2・3日で消えてなくなってしまいます。今回は7年ぶりとテレビでのニュースになるぐらい珍しい光景なので、訪れてみました。
2019.02.06
日光観光

湯滝は奥日光三名瀑の中で一番目の前で滝壺が見られる

奥日光の戦場ヶ原からハイキングロードを歩くと途中に位置する湯滝。湯ノ湖から滝の側面に遊歩道が整備されていて、滝沿いを歩くことができます。目の前には滝つぼで水の落ちる爆音が涼しい。
2019.02.06
日光観光

日光三名瀑で紅葉名所の東武日光駅から竜頭の滝へ

紅葉の名所と言えば日光の竜頭の滝が有名ですが、大渋滞と大混雑で駐車場に車を止めるのも一苦労。こんな時でも時間帯をちょっとずらすだけで、渋滞も混雑も驚くほど解放されます。ゆっくり自由に紅葉を楽しむ時間帯
2019.02.06
スポンサーリンク